当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2018年03月02日

日本の最高級車なのに・・・





2017年10月、およそ11年ぶりにフルモデルチェンジされて登場した新型レクサスLSを管理人が街中で初めて見たときの第一印象は、とにかくリヤスタイルが貧弱すぎて、とても高級車には見えないということでした。
そのため、目に入った瞬間はなんのクルマなのかわからなかったほどです。
すでに当ブログでも取り上げた今年中に登場するとされている次期型クラウンにしてもそうですが、どうしてこうもセダンをクーペスタイルにしてしまうのでしょうか。
かつてのセルシオのいかにも高級車らしい堂々としたリヤスタイルからかけ離れてしまったとしか思えません。
それにフロントの顔にしても、今やレクサス全車共通となったスピンドルグリルはあまりにも芸がないといった印象で、なおかつクドすぎて嫌味にさえ感じられてきます。
そのほか、一番安いモデルでも980万円とかなり高価になったことや、ボディサイズも大きくなりすぎたことから、一般のユーザーがおいそれと手の出せるようなクルマではなくなったとも言えるでしょう。
中身の進化は相当なものがあるらしいものの、ドライバーズカーとしてはボディが大きすぎ、ショーファーカーとして使うにはとくにリヤのクーペスタイルがスポーティすぎて不向きと、なにか中途半端なクルマになってしまったという印象を受けてしまいます。

ところで、2月18日に元東京地検元特捜部長で現在は弁護士の78歳になる男が、東京港区内の路上で乗用車を運転中に誤って店舗に突っ込み、たまたま歩道を歩いていた男性がはねられ死亡するという痛ましい事故が発生しました。
その弁護士はアクセルとブレーキを踏み間違えたと話しているようですが、事故を起こしたそのクルマは、まさに新型レクサスLSで間違いありません。
p180302-01.jpg
そのレクサスLSがどのうような仕様だったのか詳しいことはよくわからないものの、こんな登場したばかりの1000万円以上もする最先端の最高級車ですら、最近よくある踏み間違えによる事故を未然に防ぐことができないとは心底驚かされました。
自動運転車に匹敵するほどのレベルの安全装置が装備されているとも言われている新型レクサスLSだというのに、こんな悲惨な事故が起きているようでは、なんの役にも立たないとしか言いようがないでしょう。
今回の事故では不運にもたまたま自動ブレーキが作動しない条件が揃っていたのではないかという話もありますが、こういったケースの事故こそ防げずしてなんのための安全装備なのかと疑問を感じてしまうことも確かです。

先に述べたようにまずスタイルが個人的にダメなのに加え、安全面に関してもまだまだといった印象を受けざるを得ず、管理人がとても購入できるようなクルマではないとはいえ、日本の最高級車であるはずの新型レクサスLSにはすっかり失望させられてしまいました。
posted by SS at 23:50| Comment(2) | レクサス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

レクサスLSのMCについて





トヨタ・セルシオの後継モデルとして国内で登場したレクサスLSは、2006年9月の販売開始からもはや6年にもなるので、とっくにモデルチェンジの時期を迎えているわけですが、7月にマイナーチェンジモデルがアメリカで公開となり、現行モデルをさらに長生きさせることになりました。国内でもそのMCモデルがこの10月には販売開始となる模様です。(Car Watch

現在のLSは高級車になりたいのか、スポーツセダンになりたいのかわからないような、やや中途半端な印象のスタイルで、実際にも高級車としての押し出しが足りないといったユーザーの声が多いらしく、またフロントとリヤの意匠がアンバランスという批評も雑誌で見かけたことがあります。(Yahoo!自動車カタログ

大半のクルマを見た瞬間になんの車種か判別可能な管理人自身も、以前夜間に走行中、前を走っているクルマがあまりにも小さく見えたので、コロナクラス(コロナとか今はありませんがw)かなんかかと思って近づいたときによく見たら実はLSだったという経験もあったりするほどです。

一方、まもなく登場するLSはMCとしてはかなり大規模な変更がなされ、フロントに最近のレクサスお得意のスピンドルグリルが与えられることはすでにご存知の方も多いことと思いますが、それにより確かに押し出し感は強くなる印象を受けます。

しかしこのスピンドルグリルがLSに相応しかったかどうかといえば、個人的には疑問を感じざるを得ません。そのスピンドルグリルにもフォーマル向けとスポーツ向けの2種類があるようですが、フォーマルの方でさえかなりスポーティなイメージで、スポーツセダン的な雰囲気がかなり高まり、国産で最高峰のポジションに位置する高級車としての堂々とした落ち着きみたいなものはより希薄になってしまうような気がしてならないのです。

また、とくに政界で利用されることも多いクルマであることを考えると、ますます当方のその疑問は強まり、それだったらまだ気品という点では上に感じられる現在のLSのほうが相応しいのではないかと思えてしまうほか、レクサスのクルマがみんな似たようなフロントグリルで見分けがつきにくくなるというのも、あまり面白いことではありません。

もっとも高級車のスポーツセダン化はなにもレクサスLSに限ったことではなく、世界的な時流だとも思えるところですが、個人で乗るのならまだしも、LSは法人で使われる機会のほうが多そうなクルマであることを考えると、そのMC後のアグレッシブに過ぎるスタイルがちょっと気になった次第です。

なお、現行のレクサスLSは2009年10月にも一度マイナーチェンジを受けており、前後の意匠が若干変わったりしているので、今回の2度目となるMCにより前期型・中期型・後期型の3つが存在することになりました。
posted by SS at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

レクサスLSに6気筒モデル





一部雑誌の情報によれば、レクサスLSシリーズのマイナーチェンジで、3.5の6気筒エンジンを搭載したモデルが追加されるとのことです。セルシオ時代はV8エンジン1本のみにこだわってきたというのに、ここへきてLSをダウンサイジングさせるようなエンジンを載せてくるとは意外なことで、トヨタの苦しい台所事情が伺えるところですが、ベンツのSクラスにだって6気筒モデルが存在するわけで、車両価格が下がって購入しやすくなることもあり、選択肢が増えるのは歓迎すべきことだと思います。
高級感やステータス性といった点は若干薄れるものの、クラウン3.5アスリートの走りを考えると必要にして十分どころか、LS460と比べてもさほど引けを取らないレベルの動力性能が保たれることが考えられ、V6エンジンで軽くなる分、回頭性などもよくなるなど、逆にメリットとなる部分も少なくないはずです。
レクサスはLS発売後も決して好調と言える状態ではないとささやかれていますが、ますますクルマ全体が売れなくなっている厳しい状況の中、このLSへの6気筒モデル追加や、すでに先月より発売が開始されたRX、そしてハイブリッド専用セダンなどの投入により、巻き返しをはかることができるのかどうか注目されるところです。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

レクサス LS600h





TV世界最高級ハイブリッド・サルーン アウトバーンで最高速テスト


乗ってる2人があまりの強烈な加速感に大騒ぎしてるところが笑えますw
しかし、200km以上の超高速域での安定感とかはまだなお、ベンツやBMWといった西ドイツ車に及ばなさそうといったところでしょうか。。。
最後のほうで空気圧が適正ではなかったという話が出てますが、それだけではないような気がします。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

LS460が434万円!!!!





千葉市花見川区内の中古車ショップにて、なんと「レクサスLS460」が434万円とか(;゚д゚)
一瞬目を疑いましたが、本当にシルバーのLS460で間違いありませんでした!!
グレードなど詳細はわからなかったものの、現在の中古車市場では最も安いグレードでなんのオプションが付いてなくても800万円はするはずなので、まさに半値程度!!
たとえ事故車だとしても、問題なく走るのであれば破格と言えるのではないでしょうか(^^;

p070329-01.jpg
p070329-02.jpg
posted by SS at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

レクサスLS460目撃!



昨日、街中にて「レクサスLS460」をはじめて目撃しました。ってか実車を見たこと自体、初のことです。9月19日に発売開始されたというのに、2ヶ月以上も目撃できないとは思いませんでした。
はじめて実車を見た印象は、1000万円程度もする高級車にしては平凡すぎてつまらないスタイルといった感じでしたが、まぁレクサス車の中ではマシといったところでしょうか。
それにしても、これほど高価なクルマを新車で購入しながら、ムーンルーフを装着しない人がいるとは・・・(汗)
その点では初見にしてわりとめずらしいLS460だったと言えるかも知れません。
p061130-01.jpg




posted by SS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

レクサスの不調





トヨタの高級ブランド、レクサスが苦戦を強いられているということで、ここへきてテレビCMだけはやたら頻繁に見るようになったものの、相変わらず街でレクサスの実車を見る機会はきわめて少ないように思えます。口の悪いジャーナリストには「トヨタの歴史上、稀に見る失敗」などと酷評されてたり・・・
そこで、いよいよデビューするLS460で巻き返しなるか?といったところですが、もっとも安いモデルでも700万円台、あれやこれやとオプションを装着すると1200万円を軽く超えるという驚愕の価格になるようで、そんなに高価なあくまでも日本車≠ェ売れるのかどうか、はなはだ疑問です。
日本車の魅力は、なんといっても外車に比べて安いということが大きいと思います。それだけに、レクサスがブランド料を上乗せして、外車並の価格で売ることを知ったとき、まず売れないだろうと予想していましたが、その通りの結果となりました。ブランドにこだわる人や、クルマ本来の性能を重視する人はベンツやBMWになるのが自然な流れというもので、現にレクサスの国内参入以来、そういったドイツ車がますます売れているのが現実です。
間もなく登場するLS460も、クルマの出来はかなりよさそうで、リリース当初こそ話題性なども含めてそこそこ売れたとしても、ブランド力ではドイツ車勢に到底かなわず、そのうえ現行セルシオよりも遥かに高価となるだけに、代替需要も思うほど見込めずと、引き続き苦戦を強いられるような気がしてなりません。
そのことはやはりトヨタ内部でも危惧しているようで、マジェスタをセルシオの後継車としてグレードアップさせるか、あるいは少々のブランクのあと、再び新型セルシオを登場させるなどして、代替需要に対応することを考えているようです。当方としても、馴染み深い「セルシオ」という車名を残してもらえることは大歓迎です。
posted by SS at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | レクサス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

レクサスGS450h



※画像はレッドラインさん提供
p051104-07.jpg
レクサスGS450h/2005-11-04/東京モーターショー2005

レッドラインさんのコメント
レクサスGS450hの画像です。すでにGS450は、アリストの実質的な後継車として販売されていますが、この写真は今年販売予定のハイブリッド車です。
セルシオ後継車のコンセプトカーのハイブリッド同様、車名の最後に「h」が付く事から、レクサスのハイブリッド車はすべて「h」を付けるようで、トヨタブランドが「ハイブリッド」とネーミングを車名の後に付けるのに対して、レクサス「h」を付ける事でスマートなネーミングにして差別化を図っている様です。



posted by SS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | レクサス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

セルシオ後継車



※画像はすべてレッドラインさん提供
p051104-03.jpgp051104-04.jpg
LEXUS LF−Sh/2005-11-04/東京モーターショー2005

11月11日に掲載したLEXUS LF−Shの別アングル画像です。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レクサス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする