当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2019年08月16日

一体何様のつもりなのか?





東名あおり事故の悲劇もまだ記憶に新しいところですが、その後も悪質なあおり運転のニュースが後を絶ちません。
そしてこの度、茨城県内の常磐自動車道で発生した目を疑うようなあおり運転の報道がありました。
もう何度も見た方も多いかと思いますが・・・



東名であれほどの事故が起きたというのに、高速道路上で他車を停止させるという行為からしてとても信じられず、そのうえ執拗なまでに何度も殴るとは・・・
一体何様のつもりなのでしょうか。
これはもうあおり運転どころの騒ぎではなく、完全に殺人未遂だとしか思えません。

さらにこのBMW-X5は、それ以前にも茨城から遠く離れた愛知や静岡でもあおり運転を行っていたことが判明し、そればかりかディーラーの試乗車だというからまったく驚きです。




もう何もかもが普通の人間のやることとは思えず、その凶暴性からして檻から逃げ出した猛獣も同然ではないかと。
現時点でまだ逮捕の情報が入ってこないという、警察の対応の遅さにも呆れるものの、捕まるのも時間の問題だとは思いますが、このような猛獣はさっさと檻に入れて死ぬまで出さないようにするべきでしょう。
そう思えて仕方ないほど、これは絶対に許すことのできない悪質な事件だと感じられます。

また、X5から下りてきて携帯で撮影している女もまったく意味不明で、加害者側が暴行している様子を撮るというのは前代未聞としか言いようがありません。
ある意味愉快犯のような感じもするだけに、この女についても厳しく罰するべきでしょう。

個人的にはかねてから交通違反に対する罰則が甘すぎると感じられてなりません。
飲酒運転にしてもとても悲しい事故が繰り返されている現状からすると、飲んで運転したら一発取消のうえ教習所からやり直しでよく、飲酒運転で事故を起こした場合は懲役刑をもっと重くするのはもちろん、生涯に渡って免許取得禁止で構わないと思います。
そのくらい厳しくしないと、いつまで経っても悲しい思いをする人たちが後を絶たないことでしょう。

あおり運転についても同じことがいえます。
東名あおり事故以来警察が動くようにはなったみたいですが、まだまだ報道される機会が多いだけに、もっと取り締まりや罰則を強化するべきでしょう。
管理人としてはあおり運転を完全になくすためにはすべてのクルマを完全自動運転にするしかないと考えているのですが、それが非現実的である以上、警察に対応を委ねるしかありません。
あおり運転がなくなり、誰もが安心してハンドルを握れる世の中になるよう願いたいものです。
posted by SS at 23:50| Comment(0) | クルマ関連映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

高齢ドライバーによる事故





当ブログ前回の記事では女性ドライバーによる事故に関して取り上げましたが、もっと問題なのが高齢ドライバーが起こす事故で、とくにアクセルとブレーキの踏み間違いという操作ミスによる暴走が後を絶ちません。
その中でも今月4日に福岡市早良区で発生した81歳の男性が運転する2代目エスティマによる暴走事故は本当に恐ろしい限りで、多数のクルマが走る道路上をまったく速度を落とすことなく高速で走行し、最終的には他車に激しく衝突しながら自爆というその様は、まるでミサイルのようだとしか言いようがないでしょう。


さらに同11日には名古屋市昭和区で脇道から猛スピードで出てきた先代クラウンアスリートが、直進車と接触後そのまま小学校の校庭にある花壇に突っ込むという事故も発生しました。

人的被害が出なかったのは救いだったものの、間一髪で難を逃れた直進車の女性ドライバーはとにかくもう叫ぶしかないといった感じ、さらに歩道を歩いている男女は抱き合っていることから、どれほど怖い思いをしたのかがよくわかろうというもので、その後トラウマになっていないかが心配されます。
それに校庭に小学生がいたらまた子供が犠牲になっていた可能性も十分にあったことでしょう。

いずれにしてもその速度や勢いにはただただ驚かされるばかりで、心から恐ろしくなると同時に絶対にあってはならないことで、本当にいい加減にしてもらいたいものです。
生きていくために楽に移動できるクルマが必要な高齢者が多いこともわからなくはないだけに、かなり難しい問題という気はしますが、これほど事故が頻発している以上、何かしら対策を行う必要があるでしょう。
免許返納が一番効果的だとは思えますが、どうしてもそれが無理な場合、たとえば70歳以上のドライバーが運転するクルマには踏み間違いを防止する装置の装着を義務化して、自治体なりがその費用を補助するといったことが考えられます。
すでに東京都では購入費の9割を補助するなど、そういった動きがあるようですが、絶対に装着しなければならないようにしたり、全都道府県レベルで行なったりしなければ意味がないでしょう。
とにかく、死亡事故となると被害者側が非常に辛く悲しい思いをするばかりではなく、事故を起こした高齢者側にとってもそれまでなんの犯罪も犯さず長いこと真面目に生きてきたにもかかわらず、人生の晩期になって人殺しになってしまうというのはきわめて悲惨なことだとしか言いようがないだけに、早急な対策が望まれるところです。

ところで、高齢者が起こした踏み間違いによる事故のうち、その車種により管理人の中でとくに印象に残っているのは、事故直後にも当ブログで取り上げましたが、昨年2月に発生した当時78歳の元鬼検事とやらによる最新最高級レクサスLSの暴走事故です。(当ブログ過去記事
その元鬼検事は人を死亡させているにもかかわらず、結局は逮捕されずに書類送検のみで終ったらしく、池袋暴走事故の加害者と同様の上級国民だかなんだか知りませんが、まったく不条理だとしか思えません。
さらに1000万円以上はしそうな日本の新しい最高級車でありながらそういった暴走事故を防げないことにも心底驚かされたものですが・・・
と思っていたら、またまた同様の車種による暴走事故が発生しました!

人的被害がなかったのであまり大きく取り上げられることはなかったものの、今回も最新型レクサスLSによる操作ミスということで、管理人にとっては記憶に残る事故だと言えます。
どんなに高価で高級装備が多数揃っていても、こんな情けない事故を起こすようではエセ高級車だとしか思えません。
自動運転の技術がどんどん進化してきているというのに、日本で最高の部類に属するクルマですら安全性や運転支援の面ではまだまだだということがよくわかろうというものです。
posted by SS at 23:50| Comment(0) | クルマ関連映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

新車情報:4代目ルーチェ





今回は管理人が病気療養中で重い更新ができないため、新車情報の懐かしい映像をお楽しみください。

「新車情報 ’81」より、1981年10月にモデルチェンジされた4代目マツダルーチェのロータリーエンジンを搭載した上級グレードの「4ドアサルーン リミテッド」となります。

posted by SS at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

外部にもエアバッグ





現在のクルマは猫も杓子もエアバッグといった感じで、どんな車種にも装備されるのが当たり前の時代となりましたが、今度はスウェーデンのボルボが歩行者用のエアバッグなるものを開発したようです。
サーチナ該当記事

万一歩行者を跳ねた際に、フロントガラスの外側にU字型のエアバッグが展開し、衝撃を緩和すると同時にドライバーの視界も確保するというもので、来春に日本でも発売となる「新型ボルボV40」に搭載されます。



最近のクルマはただでさえフロント部のボディ構造自体が歩行者の傷害軽減に配慮するものになっているほか、前方の障害物を感知すると自動的にブレーキをかける衝突被害軽減ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)など、歩行者に対する安全性も次第に高まりつつありますが、クルマの外部にもエアバッグとはさすが安全に対する技術では一歩先を行くボルボといった印象を受けます。

この歩行者用エアバッグはいずれ日本車にも広まることになるのでしょうか。。。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

驚愕の加速力(;゚д゚)





今回はこのようつべ動画をご覧ください!



こんなポンコツサニーが最新のGT-Rを軽く負かす様はまさに痛快≠サのものです。
しかも発進直後からして相当な差が開いていることから、電気の力というものがいかに強力なものかがわかろうというものです。(詳細リンク
posted by SS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

ゴマキグルマ





まずは以下の映像をご覧ください。


後藤真希が自分の運転でクルマに乗っているという噂は以前から耳にしていたものの、実際にその姿を見たのはこの動画で初めて見ました。で、彼女は車雑誌のインタビューで、日産エルグランドが好きだという発言をしていたという話があるだけに、てっきりそのクルマに乗っているのかと思いきや、今となっては2世代前となる11代目 S170型クラウンのロイヤル系とはまたあまりにも地味で渋いクルマなので、かなり意外でした。
また、芸能人にしてはそんなに新しいとはいえないクルマを大切に乗り続けている点にも好感が持てるところですが、ゴマキが帰宅した場面でそのクラウンを止めた自宅駐車場の隣には30系セルシオの後期型がしっかりと止められているのがわかります。これも本人のクルマで新車で買ったんだとしたら、やはり芸能人恐るべし!と思わざるを得ませんが、いずれにしてもクルマに関してはかなりのオッサン趣味だなぁとw
もっとも、ゴマキの場合はクルマ以前に、17才という若さにして御殿を建てた時点で凄すぎるわけですが、今では弟の犯罪の影響もあってか、所属事務所をエイベックス・エンタテインメントに移籍するも、芸能活動の方はいまいちパッとしない状態が続いている現状では、あまり贅沢もできないといったところではないでしょうか。。。
それにしても、この動画を見てると、いくら仕事とはいえ自宅まで押しかけ、ゴマキが出かけてから帰ってくるまでずっと待機してるようなマスコミのしつこさにもムカついてきますねぇ。これぞまさしくマスコミならぬマスゴミといった感じww
posted by SS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする