当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2019年03月01日

330型セドリック220D





管理人の父親がかつてダークブルーの330型セドリック前期型200Dデラックスを新車で購入し乗っていたことがあるのはこれまでにも当ブログで何度か触れましたが、それにきわめて近い車種の動画がYoutubeにアップされています。



こちらは330型セドリック後期型220Dデラックスとなります。
前期型のSD20型ディーゼルエンジンが後期型では200ccボアアップされて2200ccのSD22型へと進化しました。
しかし音的にはほとんど変化がなかったものと思われ、まさにこの動画と同じくディーゼルエンジン特有のノック音がかなり強烈で、まるで船舶のエンジンのような音を放っていたものです。
まさかこんな懐かしい音をまた聞けるとは思いませんでした。

ところで、管理人自身は330型のカタログを所有しておらず、またネットで詳細まで見れるのは前期型のカタログだけなので、後期型の装備内容についてはよくわからないのですが、この動画に出てくる330セドリックはデラックスというグレードのわりには不可解な点がいくつか見受けられるので、それについて触れてみましょう。

まず、エクステリアで目につくのはフェンダーミラーで、カスタムデラックス以下のグレードではリモコン機能がない銀色で薄っぺらなタイプが標準となっているのに対し、こちらはタルボ型でリモコン機能もある立派なタイプとなっています。
この件に関してはうちの父もまったく同じことをしていましたが・・・

次にインテリアを見てみると、フロントシートの半埋込式ヘッドレストやリアシートのセンターアームレストなどが豪華な印象で、とてもデラックスグレードのシートだとは思えません。
カスタムデラックス、あるいはそれ以上のグレードのシートに交換している可能性があるでしょう。
さらにフロントセンターコンソールの後部にリア席用のラジオスイッチとシガーライターが装着されているのがわかりますが、これもデラックスグレードには通常あり得ないものだと言えます。

まぁよく考えてみれば330型後期型の登場は1977年6月のことなので、もはや40年以上が経過しているクルマなだけに、いろいろな変化があってもおかしくはないほか、リアのエンブレムは「220(D)DX」のままながら、リアサイドのエンブレムが「SGL」のものに変えられていることから、オーナーの方ができるだけ上級グレードに近付けたく手を加えたというのは十分に考えられることでしょう。

ちなみにCピラーに見られるセドリックのマークを配したオーナメントは前期型よりも大きく豪華な印象のものになり、しかも前期型ではカスタムデラックス以上の装備だったのが、後期型ではスタンダードも含む全車に標準装備となった記憶があります。

というわけで、管理人にとっては非常に懐かしい思いにさせてくれる動画を拝見することになったわけですが、このきわめて貴重なクルマが2019年になった今でも現存しているのであれば、今後も末永く大切にして欲しいと願って止みません。
posted by SS at 00:00| Comment(2) | 日産関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
どうしてもこの時代のことに反応してしまいます(笑)
220Dが発売になった際に父がカタログを取り寄せていました。
エンジンの拡大もさることながらオーナードライバー向けの「GL」グレードが追加されたのがトピックでしたでしょうか。
ディーゼル車のみが掲載されたもので、「小さな維持費で大きなセドリック」というコピーが印象的でした。
うろ覚えなのですが、セダン、しかもディーゼルにもかかわらず「GL」にはタコメーターが装備されていたような…メーターの目盛りの数字が随分と少ない(4千回転そこそこでレッドゾーン)と思った記憶もあるので事実のような気がするのですが、なにぶん昔のことなので…
Posted by PAPA at 2019年11月29日 10:20
PAPAさんお久しぶりです。

まずはじめに本文で述べたシートに関してですが、ネット上にて330後期型のカタログを確認したところ、おそらくDXグレードに装着されていたオリジナルのシートのままであることが判明しました。
その点につきまして訂正させていただきます。

さて、お知らせいただいた220D-GLのインパネ画像も見ることが出来たのですが、メーターパネルがセダンの他グレードのものとは異なっており、おっしゃるとおりタコメーターらしきものが見受けられました。
また、大きな画像ではなかったので目盛りまでは確認できなかったものの、昔のディーゼル車のタコメーターは基本的に高回転域までなかったので、お話されたとおりだと思います。

それにしてもどうしてセダンで唯一タコメーターが装着されていたのかが不思議でなりません。
当ブログで以前に取り上げたアンテナの件も含めて、ディーゼル車は特種な面が多かったように思えます。

とても参考になる情報ありがとうございました。
またお気づきの点が出てきましたら、どんなことでもお知らせくださいませ。
Posted by SS at 2019年11月30日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。