当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2018年06月22日

路線バスでヒヤリハット





先日、とある系統の東急バスを利用したところ、運転手が結構年配でいかにもベテランといった感じの方でした。
発車すると、常にマイクで喋りながら案内等をしていたので、ずいぶん丁寧な仕事をする乗務員だと思ったものですが・・・

その後片側3車線の主要幹線道路に入り、しばらくしてかなり大きな交差点を直進するという状況で、信号が右折の矢印しか点灯していないにもかかわらず、なかなか速度が落ちないのです。
そして、停止線の直前ぐらいになってようやく直進が赤であることに気づき、かなりの急ブレーキをかけ、停止線の少し先にある横断歩道を塞ぐような形で停まったという・・・
幸いにして立客はいなかったものの、乗客に対してマイクで平謝り、さらに少しバックして横断歩道は開けましたが、窓を開けて歩行者に対しても謝っていました。

管理人は運転席の直後に座って前方を眺めていたので、思わず運転手に「赤!赤!」と言いそうになりましたが・・・(汗)
もしブレーキがもう少し遅れたら、対向車線から右折しているクルマに突っ込んでいたかもしれません。
事故にならなくてよかったとつくづく思いますが、バスに乗っていて今回のような経験をしたのは初めてだと思います。
大手バス会社のベテランぽい運転手でもこういうことがあるものなのかなぁと。
まぁ、仕事が丁寧で何度も謝ったりとても人柄の良さそうな方でもあったので、責める気にはなりませんでしたが・・・
posted by SS at 21:00| Comment(0) | バス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。