当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2016年12月09日

初代ソアラ(前)





1981年(昭和56年)2月にトヨタが新たなジャンルのクルマとして世に送り出したのが、高級2ドアクーペの「初代ソアラ」でした。

2ドアの高級車としてはすでにトヨタにはクラウンがありましたが、走行性能も含めたトータルの面で「ベンツ SLクラス」や「BMW 6シリーズ」といった欧州の高級スポーツクーペに対抗すべく開発されたクルマです。

性能面ではそれらの欧州車に比べてまだまだといった感はあったものの、その狙いは見事に成功し、販売でも好調だったことは間違いありません。

当時3ナンバー車だと税金が5ナンバー車の倍ほどに跳ね上がるため、あまり売れませんでしたが、このソアラは3ナンバーの「2800GTエクストラ」や「2800GT」といった上級グレードもよく売れていました。

ただ、その3ナンバー車に搭載されていた5M-GEU型は、大排気量のDOHCエンジンということでいかにも強烈で速そうなイメージがあったものの、MTならとにかく、ATだと当時のレベルでも取り立てて速いと言えるほどではなかったと思います。

1981年7月にはM-TEU型エンジンを搭載したターボモデルがATのみで追加され、5M-GEUのAT車以上に速くはなかったものの、ノーマルの1G-EU型エンジンを搭載したAT車よりはマシだったので、結構売れました。

特筆すべきは最廉価モデルの「2000VT」で、めったに見かけることのない希少グレードであり、たまに見かけると感動するほどだったのを憶えています。

登場翌年の1982年には早くも販売終了となったことも、希少性に拍車をかけたのでしょう。

その際、同時に「2800GTエクストラ」のさらに上となる「2800GTリミテッド」が追加されました。

今回はそんな初代ソアラの前期型のうち、ターボモデルが登場した際に発行されたカタログから、グレードを厳選して画像を公開します。

5M-GEU型を搭載した初代ソアラ登場時点での最高峰モデル「2800GTエクストラ」
p161209-01.jpg

M-TEU型を搭載したターボの上級グレード「2000VR-TURBO」
p161209-02.jpg

ノーマルの1G-EU型を搭載した上級グレード「2000VX」
p161209-03.jpg

同じく1G-EU型を搭載した最廉価モデル「2000VT」
p161209-04.jpg
posted by SS at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トヨタカタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック