当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2015年05月29日

430セドリックターボブロアム





フロントシートの形状とシフトレバー位置が異なる以外は、管理人の父親が昔乗っていたのとほぼ同じ430型セドリックのターボブロアムの動画です。

うちのはグランドシートでコラムATでした。

こんな30年以上も前のクルマが今の時代にこれほどキレイな状態で残っているとはまったく驚きです!

日産の初期のターボエンジン、とくにAT車は耐久性に問題が感じられ、うちのターボブロアムも新車で買って2年後にはATだというのに早くもエンストを起こすようになったりしたものですが、これはまともに走るのでしょうか。

昭和55年といえば、それまで5速MTしかなかったターボ車に3速ATと、最上級モデルとなるターボブロアムが追加された年で、これはまさに登場したての頃に製造されたターボブロアムということになりますが、それならば前期型モデルなのは間違いないにもかかわらず、これは何故かフロントグリルとテールが後期型のものになっています。

ただバンパーに関してはフロントもリアも前期型のものなので、当方のような詳しい者が見ると若干不自然だと言えるかもしれません。

なにはともあれ管理人がこれまでに乗った中で一番好きなクルマだけに、こういうのを見るとまた乗りたくなるというものです。



カメラ父が乗っていた正真正銘の前期型ターボブロアム
posted by SS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック