当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2014年05月02日

4代目セリカ(前)





今回は1985年8月に登場した4代目T160型セリカのカタログ画像です。

この4代目セリカは、駆動方式がそれまでのFRからFFへと大変革を遂げたモデルでした。

また、外観の意匠も角ばったものから流線型へと大きく変わっています。

エンジンはすべて4気筒で、当初は2000ccと1600ccのDOHC、および1800tのOHCという3本立てでした。

なお、3代目セリカまではクーペとリフトバックという2種のボディータイプがありましたが、この4代目ではクーペタイプを新たに登場したコロナ・ハードトップに譲り、リフトバックタイプ(4代目からの名称はクーペ)のみとなっています。

乗用車のFF化にはどちらかというと慎重だったトヨタが、FFカムリ&ビスタやFFコロナなどで経験を重ね、技術の進歩により大きな出力のエンジンでも問題なく、スポーティな走りも可能になったことから登場させたのが、このFF化されたセリカだったと言えるでしょう。






posted by SS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トヨタカタログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック