当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020年02月29日

Y30型のVG30ET搭載車


当ブログ2017年3月3日付の記事で、1983年6月にY30型セドリック/グロリアが登場してからわずか半年後となる1983年12月に、最高級グレードの「V30EブロアムVIP」が追加されたことを取り上げました。(当ブログ過去記事
そして、その記事の最後でも述べたように、それからさらに半年後となる1984年6月に今度は3ナンバー車に搭載されているVG30E型エンジンをターボ化したVG30ET型を搭載したモデルが追加されたのです。

日産セドリックY30前期型4ドアハードトップV30ターボブロアムVIP
p200229-01.jpg

4ドアハードトップについてはVG30E型が廃止され、VG30ET型を搭載した「V30ターボブロアムVIP」および「V30ターボブロアム」のみとされたので、追加というよりも変更といったほうが正しいかもしれません。
一方、セダンのほうも「V30ターボブロアムVIP」と「V30ターボブロアム」が登場したのは変わりないものの、VG30E型を搭載した「V30Eブロアム」ワングレードだけは残されました。

日産セドリックY30前期型4ドアセダンV30Eブロアム
p200229-02.jpg

そもそもVG30ET型はすでに3代目フェアレディZに搭載されていたエンジンで、それをY30型にも載せたのはライバルの7代目クラウンが2か月後となる1984年8月に3ナンバー車のエンジンを2.8Lから3.0Lへと変更されるのに伴う処置だったことも考えられますが、当時もっとも強力だといわれた3.0LのターボエンジンをスポーツカーのZならばいざ知らず、足回りがヤワなY30に載せたのはつくづく無謀だと思えたものです。

とはいえVG30E型搭載車のサスのままVG30ET型を載せたわけではありません。
管理人が実車同士で実際に確かめたのですが、うちの父が所有していたV30Eブロアムのフロントフェンダー部の先端を手で押してみると上下にグラングラン揺れたのに対し、日産のディーラーに行って展示されていたV30ターボブロアムで同じように試してみたところあまり揺れなかった記憶があるだけに、それだけサスが固められていたということになります。
ただしこれは新規に開発されたのではなく、おそらくは「V20ターボS」グレートのサスをそのまま流用したものだったのではないかと。

しかし先にも述べたようにVG30ET型はあまりにも強力だっただけに、それでもサスがエンジン性能よりも劣るオーバーパワーだったことが考えられるほか、ターボにより燃費もかなり悪かったことでしょう。
それだけに4ドアハードトップにもノンターボのVG30E型を残すべきだったと思えてなりませんでしたが、その状態もわずか1年程度とごく一時的なもので、1985年6月のマイナーチェンジで「4ドアハードトップV30Eブロアム」が案の定復活しました。

日産セドリックY30後期型4ドアハードトップV30Eブロアム
p200229-03.jpg

当時の水準ではVG30Eでも十分すぎるぐらいの動力性能で、燃費も劣悪なほどではなかっただけに、やはり復活を望む声が多かったという事情もあったのかもしれません。
posted by SS at 00:00| Comment(3) | 日産関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

14thクラウン(後)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

3%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:CARNEL 1/43 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン G (GRS210) 2016 White Pearl Crystal Shine 完成品

■発売日:2020/03/31

■商品の説明
CARNEL 1/43スケール、ダイキャスト製ミニカー。

CARNELの1/43スケールにトヨタ クラウンの210系ロイヤルサルーンGが登場。
170系から続いていたロイヤルとアスリートのグレード分けはこの型のクラウンで最後となっており、ロイヤルサルーンのグレードも最後となる。

※本製品は走行しません。
※本製品は発光しません。
※本製品は点灯しません。
※本製品は電池を使用しません。
※本製品に電池は含まれません。
※本製品は燃料を使用しません。
※本製品に燃料は含まれません。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

庄司家のキャンピングカー





今回もまたまた芸能人の所有車関連の記事になってしまうのですが・・・
今年の1月24日にめでたく第3子となる次女が誕生した庄司智春&藤本美貴夫妻について、いきなりキャンピングカーを購入したことが判明したので取り上げることにします。

まず、藤本美貴オフィシャルブログにて1月4日に「家族キャンプ大好き」というタイトルで更新された記事に掲載されている画像のキャンピングカーをはじめて見た際、レンタカーでも借りたのだろうと思ったのですが、本人の公式Youtubeチャンネルにて1月15日に公開された動画で、去年の夏か秋ごろに中古で購入したという話がありました。(該当記事
p200201-01.jpg
ベース車両は5代目H200系トヨタハイエースワゴンで、テールライトの形状から前期型であるのがわかるので、本人の話のとおり中古で購入したのは明らかでしょう。
また、あまり詳しくないのですがグレードはGLで、ロング・ミドルルーフ・ワイドボディではないかと思われます。
以下の動画で聞こえてくるエンジン音から、ディーゼル車のような感じもするところですが。

ルーフがポップアップしてベッドになるというのは、かつてのマツダボンゴフレンディが思い出されたり・・・
そのほかどのような装備内容なのかわからず、また中古となれば走行距離も関わってくるので一概に言えませんが、安くても300万円はしたのではないかと予想されます。

ところで以前にも当ブログで取り上げたことがあるように、この2人といえば旦那の庄司が「ダッジ・チャレンジャー」、妻のミキティが「プリウスα」をそれぞれ所有していましたが、現在はどうなっているのかわかりません。
ロングタイプでワイドボディのハイエースはかなり大きくは見えるものの、全高を除けばダッジ・チャレンジャーよりも小さいクルマなので普段の足として使用できないこともありませんが、おそらくは夫婦2人それぞれの所有車とは別に購入した可能性が高そうな感じがします。
とすると年に数回しか使用する機会がないようなクルマをよく買ったものだとも思いますが・・・
また、自宅のガレージは2台分しか止めるスペースがないので、ハイエースためにわざわざ駐車場を借りなければならないということもあったりするでしょう。
t200201-01.jpg

あと管理人が意外だったのはそのハイエースのボディカラーです。
庄司が若い頃に乗っていたクルマのことはわからないものの、少なくとも2人のスキャンダルが発覚して以降に所有したクルマは夫婦揃ってすべて黒という徹底ぶりでした。
従って今回シルバーであることにちょっと驚かされたのですが、とくにキャンピングカーの中古となると仕様や装備内容などが重要なポイントとなるので、カラーまでは選べなかったのでしょう。
そのうちオールペンで黒にすることもあり得るような気もするところですが・・・(汗)

ちなみにこれまで庄司家では正月や夏場などに海外旅行へ行くことが恒例になっていましたが、キャンピングカーを購入したことで今後は国内旅行の比率が高くなることも予想されます。
あと旦那のダッジ・チャレンジャーは今もまだ乗っているとすれば10年以上は所有し続けていることになるので、もうとっくに買い替えているかもしれません。
また、ミキティのプリウスαも軽度な事故を起こした際のニュース映像により全国に知れ渡ってしまっただけに、その後すぐに買い替えたことが考えられますが、いずれにしても今のところはどうなっているのかまったくわからないままとなっています。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 芸能人とクルマ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする