当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2019年07月19日

超久しぶりの軽自動車





管理人自身や父親、そして親戚、友人、知人など、それらすべてが比較的大きなクルマを好む人ばかりなため、660ccになってからの軽自動車というものに乗った記憶がまったくありません。
昭和時代には550cc以前の軽自動車に何度か乗ったことがあり、みずから軽トラを運転したこともあります。
また同じく昭和時代に親しかった友人が免許取り立ての頃、スズキのフロンテクーペという360ccの軽自動車を所有していたことがありよく乗せてもらったのですが、なかなか楽しいと思える面もあったながら、いろいろと我慢を強いられるクルマでもありました。
従って管理人にとっての軽自動車というものは、そのフロンテクーペなどのイメージを今日までずっと引きずっていたと言えるかもしれません。

もちろん、これほどまでに売れている軽自動車なので、かなり進化していそうなことは容易に想像できたものの、とにかく乗れる機会に恵まれなかったので、その進化の度合いというものを知る由もなかったわけです。
ところが、エンタメブログの管理人恋話で登場したことのある高校時代の友人T君が2代目V6アルファードを以前から所有しているのですが、セカンドカーとしてホンダの初代N-BOXカスタムを中古で購入したというので、久しぶりに再会して乗せてもらえることになりました。
管理人は運転をせずに助手席に乗っただけだったのですが、結論から先に言うと予想以上の進化に驚かされたといったところでしょうか。
その当日は雨の日で路面が濡れている中、高速道路も走行したのですが、まったくなんの不安もなく、騒音、振動、乗り心地など、普通乗用車と比べ遜色ないレベルだと感じました。
とくにN-BOXのようなトールタイプの軽自動車だと、その見た目から曲がる度に引っくり返りそうになるのでないかという気がしてならなかったのですが、そんなことも一切ありません。
唯一軽自動車であることを認識されられるのは運転席と助手席がやたら接近している点でしたが、前後方向や頭上は本当に余裕があり、下手な普通乗用車よりも広く感じられるほどです。
軽自動車の中でもとくにN-BOXがバカ売れしていることも理解できました。

📷友人T君が購入したのと同型の初代N-BOXカスタム
p190719-01.jpg

というわけで、30年以上ぶりに乗った軽自動車の進化の度合いがよくわかり、普通に乗るのであれば必要にして十分すぎるという印象で、管理人の中にあったイメージもすっかり変わったわけですが、そもそも軽自動車というのは、FFの駆動方式が標準となった昭和50年代後半頃からすでにかなりの進化を遂げていたことが伺えなくもありません。
とくに昭和56年10月にそれまでのRRからFFへと変更されて登場した2代目スバル・レックスにいたっては、あの批判的な評論をすることで有名な徳大寺氏をして「あまりの出来の良さに驚かされる」と言わしめたほどで、その後もしばらく徳さんの軽自動車に対する評価が比較的高かった事実からしても、もはやその当時からかなり完成されていたことがわかろうというものです。

📷2代目スバル・レックス
p190719-02.jpg
posted by SS at 23:50| Comment(0) | クルマ乗車記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

Y30グロリア(後)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

25%OFF!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-N198a ニッサン グロリアHT V20グランデージ 86年式 白 (メーカー初回受注限定生産) 完成品

■発売日:2019/10/31

■商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージネオ 1/64スケール、ダイキャスト製ミニカー (塗装組立済)。

日本的な高級車として、ある意味では完成の域にあったY30型セドリック/ グロリア。
メッキパーツが多用された四角い外観、4ドアピラーレス・ハードトップなど、それまでのセドリック/ グロリアの集大成ともいえるその姿かたちは、いまやクラシックとすらいえるでしょう。
TLVでは前期型セドリック2リッター、後期型グロリア3リッター、同じく後期型セドリック3リッターと製品化してきましたが、今回は新仕様を追加。
後期型にマイナーチェンジした翌年に現れた、グロリアの特別仕様車『グランデージ』。
エントリーモデルのGLをベースに上級のSGLなみの装備を追加した、お買い得な仕様として発売されました。
TLVでは、初の後期型2リッター車として製品化。
3リッター車と比べて短いバンパーが最大の特徴です。
グロリア誕生60周年記念。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする