当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2019年08月16日

一体何様のつもりなのか?





東名あおり事故の悲劇もまだ記憶に新しいところですが、その後も悪質なあおり運転のニュースが後を絶ちません。
そしてこの度、茨城県内の常磐自動車道で発生した目を疑うようなあおり運転の報道がありました。
もう何度も見た方も多いかと思いますが・・・



東名であれほどの事故が起きたというのに、高速道路上で他車を停止させるという行為からしてとても信じられず、そのうえ執拗なまでに何度も殴るとは・・・
一体何様のつもりなのでしょうか。
これはもうあおり運転どころの騒ぎではなく、完全に殺人未遂だとしか思えません。

さらにこのBMW-X5は、それ以前にも茨城から遠く離れた愛知や静岡でもあおり運転を行っていたことが判明し、そればかりかディーラーの試乗車だというからまったく驚きです。




もう何もかもが普通の人間のやることとは思えず、その凶暴性からして檻から逃げ出した猛獣も同然ではないかと。
現時点でまだ逮捕の情報が入ってこないという、警察の対応の遅さにも呆れるものの、捕まるのも時間の問題だとは思いますが、このような猛獣はさっさと檻に入れて死ぬまで出さないようにするべきでしょう。
そう思えて仕方ないほど、これは絶対に許すことのできない悪質な事件だと感じられます。

また、X5から下りてきて携帯で撮影している女もまったく意味不明で、加害者側が暴行している様子を撮るというのは前代未聞としか言いようがありません。
ある意味愉快犯のような感じもするだけに、この女についても厳しく罰するべきでしょう。

個人的にはかねてから交通違反に対する罰則が甘すぎると感じられてなりません。
飲酒運転にしてもとても悲しい事故が繰り返されている現状からすると、飲んで運転したら一発取消のうえ教習所からやり直しでよく、飲酒運転で事故を起こした場合は懲役刑をもっと重くするのはもちろん、生涯に渡って免許取得禁止で構わないと思います。
そのくらい厳しくしないと、いつまで経っても悲しい思いをする人たちが後を絶たないことでしょう。

あおり運転についても同じことがいえます。
東名あおり事故以来警察が動くようにはなったみたいですが、まだまだ報道される機会が多いだけに、もっと取り締まりや罰則を強化するべきでしょう。
管理人としてはあおり運転を完全になくすためにはすべてのクルマを完全自動運転にするしかないと考えているのですが、それが非現実的である以上、警察に対応を委ねるしかありません。
あおり運転がなくなり、誰もが安心してハンドルを握れる世の中になるよう願いたいものです。
posted by SS at 23:50| Comment(0) | クルマ関連映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

2代目クレスタ(後)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

17%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:MARK43 1/43 トヨタ クレスタ GT Twin Turbo (GX71) スーパーホワイトII 完成品

■発売日:2019/08/31

■商品の説明
MARK43 1/43スケール、レジン製ミニカー。

1986年型トヨタクレスタのモデルカーを発売。
原型製作は3Dスキャニングを用いた精密測定を行い、CADでミニカー用の図面を作成後原型を切削し、元実車コンセプトカーのモデリングに従事していたホビージャパンの専属モデラーがスケールにマッチしたチューニングを行いました。
ボディーには面構成の再現に適したレジン、ホイールとタイヤは強度と真円度が高い金型を使用した成型品を使用。

※写真は試作品です。実際の製品とは異なります。
※ 仕様は予告なく変更になる場合がございます。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

超久しぶりの軽自動車





管理人自身や父親、そして親戚、友人、知人など、それらすべてが比較的大きなクルマを好む人ばかりなため、660ccになってからの軽自動車というものに乗った記憶がまったくありません。
昭和時代には550cc以前の軽自動車に何度か乗ったことがあり、みずから軽トラを運転したこともあります。
また同じく昭和時代に親しかった友人が免許取り立ての頃、スズキのフロンテクーペという360ccの軽自動車を所有していたことがありよく乗せてもらったのですが、なかなか楽しいと思える面もあったながら、いろいろと我慢を強いられるクルマでもありました。
従って管理人にとっての軽自動車というものは、そのフロンテクーペなどのイメージを今日までずっと引きずっていたと言えるかもしれません。

もちろん、これほどまでに売れている軽自動車なので、かなり進化していそうなことは容易に想像できたものの、とにかく乗れる機会に恵まれなかったので、その進化の度合いというものを知る由もなかったわけです。
ところが、エンタメブログの管理人恋話で登場したことのある高校時代の友人T君が2代目V6アルファードを以前から所有しているのですが、セカンドカーとしてホンダの初代N-BOXカスタムを中古で購入したというので、久しぶりに再会して乗せてもらえることになりました。
管理人は運転をせずに助手席に乗っただけだったのですが、結論から先に言うと予想以上の進化に驚かされたといったところでしょうか。
その当日は雨の日で路面が濡れている中、高速道路も走行したのですが、まったくなんの不安もなく、騒音、振動、乗り心地など、普通乗用車と比べ遜色ないレベルだと感じました。
とくにN-BOXのようなトールタイプの軽自動車だと、その見た目から曲がる度に引っくり返りそうになるのでないかという気がしてならなかったのですが、そんなことも一切ありません。
唯一軽自動車であることを認識されられるのは運転席と助手席がやたら接近している点でしたが、前後方向や頭上は本当に余裕があり、下手な普通乗用車よりも広く感じられるほどです。
軽自動車の中でもとくにN-BOXがバカ売れしていることも理解できました。

📷友人T君が購入したのと同型の初代N-BOXカスタム
p190719-01.jpg

というわけで、30年以上ぶりに乗った軽自動車の進化の度合いがよくわかり、普通に乗るのであれば必要にして十分すぎるという印象で、管理人の中にあったイメージもすっかり変わったわけですが、そもそも軽自動車というのは、FFの駆動方式が標準となった昭和50年代後半頃からすでにかなりの進化を遂げていたことが伺えなくもありません。
とくに昭和56年10月にそれまでのRRからFFへと変更されて登場した2代目スバル・レックスにいたっては、あの批判的な評論をすることで有名な徳大寺氏をして「あまりの出来の良さに驚かされる」と言わしめたほどで、その後もしばらく徳さんの軽自動車に対する評価が比較的高かった事実からしても、もはやその当時からかなり完成されていたことがわかろうというものです。

📷2代目スバル・レックス
p190719-02.jpg
posted by SS at 23:50| Comment(0) | クルマ乗車記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

Y30グロリア(後)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

25%OFF!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-N198a ニッサン グロリアHT V20グランデージ 86年式 白 (メーカー初回受注限定生産) 完成品

■発売日:2019/10/31

■商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージネオ 1/64スケール、ダイキャスト製ミニカー (塗装組立済)。

日本的な高級車として、ある意味では完成の域にあったY30型セドリック/ グロリア。
メッキパーツが多用された四角い外観、4ドアピラーレス・ハードトップなど、それまでのセドリック/ グロリアの集大成ともいえるその姿かたちは、いまやクラシックとすらいえるでしょう。
TLVでは前期型セドリック2リッター、後期型グロリア3リッター、同じく後期型セドリック3リッターと製品化してきましたが、今回は新仕様を追加。
後期型にマイナーチェンジした翌年に現れた、グロリアの特別仕様車『グランデージ』。
エントリーモデルのGLをベースに上級のSGLなみの装備を追加した、お買い得な仕様として発売されました。
TLVでは、初の後期型2リッター車として製品化。
3リッター車と比べて短いバンパーが最大の特徴です。
グロリア誕生60周年記念。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

高齢ドライバーによる事故





当ブログ前回の記事では女性ドライバーによる事故に関して取り上げましたが、もっと問題なのが高齢ドライバーが起こす事故で、とくにアクセルとブレーキの踏み間違いという操作ミスによる暴走が後を絶ちません。
その中でも今月4日に福岡市早良区で発生した81歳の男性が運転する2代目エスティマによる暴走事故は本当に恐ろしい限りで、多数のクルマが走る道路上をまったく速度を落とすことなく高速で走行し、最終的には他車に激しく衝突しながら自爆というその様は、まるでミサイルのようだとしか言いようがないでしょう。


さらに同11日には名古屋市昭和区で脇道から猛スピードで出てきた先代クラウンアスリートが、直進車と接触後そのまま小学校の校庭にある花壇に突っ込むという事故も発生しました。

人的被害が出なかったのは救いだったものの、間一髪で難を逃れた直進車の女性ドライバーはとにかくもう叫ぶしかないといった感じ、さらに歩道を歩いている男女は抱き合っていることから、どれほど怖い思いをしたのかがよくわかろうというもので、その後トラウマになっていないかが心配されます。
それに校庭に小学生がいたらまた子供が犠牲になっていた可能性も十分にあったことでしょう。

いずれにしてもその速度や勢いにはただただ驚かされるばかりで、心から恐ろしくなると同時に絶対にあってはならないことで、本当にいい加減にしてもらいたいものです。
生きていくために楽に移動できるクルマが必要な高齢者が多いこともわからなくはないだけに、かなり難しい問題という気はしますが、これほど事故が頻発している以上、何かしら対策を行う必要があるでしょう。
免許返納が一番効果的だとは思えますが、どうしてもそれが無理な場合、たとえば70歳以上のドライバーが運転するクルマには踏み間違いを防止する装置の装着を義務化して、自治体なりがその費用を補助するといったことが考えられます。
すでに東京都では購入費の9割を補助するなど、そういった動きがあるようですが、絶対に装着しなければならないようにしたり、全都道府県レベルで行なったりしなければ意味がないでしょう。
とにかく、死亡事故となると被害者側が非常に辛く悲しい思いをするばかりではなく、事故を起こした高齢者側にとってもそれまでなんの犯罪も犯さず長いこと真面目に生きてきたにもかかわらず、人生の晩期になって人殺しになってしまうというのはきわめて悲惨なことだとしか言いようがないだけに、早急な対策が望まれるところです。

ところで、高齢者が起こした踏み間違いによる事故のうち、その車種により管理人の中でとくに印象に残っているのは、事故直後にも当ブログで取り上げましたが、昨年2月に発生した当時78歳の元鬼検事とやらによる最新最高級レクサスLSの暴走事故です。(当ブログ過去記事
その元鬼検事は人を死亡させているにもかかわらず、結局は逮捕されずに書類送検のみで終ったらしく、池袋暴走事故の加害者と同様の上級国民だかなんだか知りませんが、まったく不条理だとしか思えません。
さらに1000万円以上はしそうな日本の新しい最高級車でありながらそういった暴走事故を防げないことにも心底驚かされたものですが・・・
と思っていたら、またまた同様の車種による暴走事故が発生しました!

人的被害がなかったのであまり大きく取り上げられることはなかったものの、今回も最新型レクサスLSによる操作ミスということで、管理人にとっては記憶に残る事故だと言えます。
どんなに高価で高級装備が多数揃っていても、こんな情けない事故を起こすようではエセ高級車だとしか思えません。
自動運転の技術がどんどん進化してきているというのに、日本で最高の部類に属するクルマですら安全性や運転支援の面ではまだまだだということがよくわかろうというものです。
posted by SS at 23:50| Comment(0) | クルマ関連映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

3代目クラウン(後)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ 1/64 LV-181b トヨペット クラウン スーパーデラックス 69年式 銀 (メーカー初回受注限定生産) 完成品

■発売日:2019/07/31

■商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージ 1/64スケール、ダイキャスト製ミニカー (塗装組立済)。

日本を代表する高級車として長年親しまれているクラウン。
その後、平成初頭までのクラウンを特徴づけたペリメーターフレーム構造を初採用し、大ヒットした『白いクラウン』のCMで社用車や公用車的なイメージを払拭させるなど、歴代クラウンの中でもエポックメイキングな一台が、この三代目MS50系です。
そのMS50系が後期型にマイナーチェンジして、今年で50年。
TLVでも好評をいただいている同車種に新仕様を追加。
後期型の最高級車・スーパーデラックスは、フロントドアの三角窓をなくした唯一のグレード。
リアドアの三角窓の枠も黒塗りとし目立たなくするなど、スッキリしたスタイルが特徴です。
TLVでは、スーパーデラックスを再現するためにボディ側面、およびサイドウィンドウの金型を別途製作。
リアガーニッシュやセパレートのシートなど、スーパーデラックスらしさを極力再現しました。
往年のミニカーを感じさせる金色と、渋い銀色の2色で展開。
現在も綿々と歴史を紡いでいるクラウンの、50年前の最高級モデルをお楽しみください。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:40| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

大津事故で思い出したこと





GW前後にまだ幼い子供が犠牲になる悲惨な交通事故が相次ぎました。

まずGW前には東京池袋で高齢ドライバーによる暴走車に自転車がはねられ、母親と3歳の女の子が亡くなりました。
クルマを運転していた87歳の男は事故後「アクセルが戻らなくなった。ブレーキを踏んだがきかなかった」などと説明しているようですが、ブレーキを踏んだなんて到底あり得ず、ブレーキのつもりでアクセルを踏み続けたのは明らかでしょう。
また、この男が上級国民ということで逮捕されないことが問題視されていますが、それが事実だとすればあれほどの事故を起こしたにもかかわらずまったく理不尽だとしか思えません。

そして、GWが終わると今度は滋賀県大津市で右折車両と衝突した直進車が歩道に突っ込み、信号待ちをしていた園児2人が命を落とすという本当に痛ましい事故が起きました。
右折車両を運転していた52歳の女は事故後「前をよく見ていなかった」と説明したようですが、前も見ないで運転されるのは本当に困ります。
おそらくはすぐ前にいた右折車両に続いて、なんの確認もせずすぐに右折したことが事故の最大の原因だと言えるでしょう。
また、直進車を運転していたのは62歳の女性とのことで、もしもっと若かったり男性ドライバーであれば、ハンドルでかわしたり強いブレーキを踏んだりして歩道に突っ込むことは回避できたのではないかと思うと実に悔やまれます。

ところで、この大津の事故とまったく同じ状況ではないものの、管理人がバイク乗車中に最近体験した、女性ドライバーによる似たようなケースについてここで紹介しましょう。

まずはJR西千葉駅近くにあるちょっと複雑な交差点での出来事です。
自分はこの路地で信号待ちをしていました。

そして、以下がその信号待ちをしていた路地から対向側を眺めたSVとなります。

この交差点では、管理人が信号待ちをしていた路地と、対向の京葉銀行脇にある側道が同時に青になるのですが、その側道には1台のクルマが右折のウインカーをつけて停止していました。
その後青になる直前に小学校低学年ぐらいの女児チャリが信号待ちをしている管理人のバイクを抜いてフラフラと前に出てきたのです。
青になってからその女児チャリが動き出し、管理人と同じくその側道に向かっていそうなことは何気にわかったものの、相変わらずフラフラしていて接触するのが怖かったので抜かさずについていくしかなかったのですが、側道にいたクルマも青になって発進し、そちらは右折なので本来ならば直進の女児チャリや管理人のバイクを待たなければならないところ、かなり近づいたところでいきなり加速して強引に右折していったという・・・
本当に女児チャリをかすめつつ急に曲がったとしか言いようがなく、その女児も気の毒なことにかなりビックリした様子で、まだ自転車に慣れていないのか、急ブレーキをかけるというよりも自転車から咄嗟に降りて止まったという感じでした。
そのクルマを運転していたのが50代ぐらいと思しき女性で、管理人はその顔をよく見ていたのですが、自転車やバイクが近づいてきているので急いで曲がろうという様子でもなく、とにかく目玉が右に固定されたまま、直進車などおかまいなしに右折することしか頭になかったのではないかという印象です。
もし直進車のことが少しでも眼中にあれば、女児チャリが目の前に近づいているというタイミングで、あれほどものすごい勢いで進むことなどまずできないでしょう。
そもそもその女児も、自転車ならばクルマやバイクと同等の進路を走行するべきではなく、二段階で横断歩道を渡るのが安全ではないかとも思えるのですが、もしその女児チャリがいなければ管理人はもっと速い加速をしていたことが考えられ、自分がその強引な右折車両と衝突していたかもしれないので、その点では難を逃れたと言えます。
もちろん女児も無事でなによりでしたが、本当に何を考えてハンドルを握っているのかと。

あともうひとつ、こちらが住宅街のT字路を直進する際、路地から連続でクルマが出てきていたのですが、管理人のバイクがかなり近づいたタイミングで、前のクルマに続けとばかりにまったく左右確認無でほとんど速度を落とさず出てきたクルマに出くわしたこともあります。
それは20〜30代ぐらいと若めながらやはり女性で、管理人はどうせ出てくるだろうと事前に察知して速度を落としていたので事故ることはありませんでしたが・・・

今回の大津事故の状況を知れば知るほど、女性のドライバーが引き起こしたものだったこともあり、管理人自身が体験したこの2つのケースを思い出さずにはいられませんでした。
女性ドライバーのすべてが注意力散漫で確認も怠りやすいとは言いませんが、管理人の経験上、路地や住宅のガレージなどからいきなり出てくるクルマというのも、どちらかというと女性のほうが多いという印象です。
そして、そういうドライバーがいなくならない限り、残念ながら大津のような悲惨すぎる事故を今後も完全に防ぐことは難しいのではないかと思えてなりません。
自動車はときに凶器にもなり得るものだけに、十分な確認を怠らないよう肝に銘じて運転してもらいたいものです。
posted by SS at 23:50| Comment(0) | クルマ関連テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

Y32グロリア(前)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-N 183a ニッサン グロリア V30ツインカムターボ グランツーリスモ アルティマ 91年式 グレー (メーカー初回受注限定生産) 完成品

■発売日:2019/06/30

■商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージネオ 1/64スケール、ダイキャスト製ミニカー (塗装組立済)。

日本を代表する高級車として長年親しまれている日産セドリック/ グロリア。
特に2019年はグロリアの誕生60周年ということもあり、TLVでも様々な展開を予定。
まずは、最近急速に再評価が進んでいるY32系 (1991~95年)を製品化。
3ナンバー車の税制が変わり、比較的身近な存在となったことを反映し、全車3ナンバーサイズへと大型化。
しかし大柄さを感じさせない上品さを持ったルックスは、当時の日産車ならではの大人の雰囲気でした。
Y32系といえば高級なブロアム系とスポーティなグランツーリスモに明確に路線を分けて成功した世代。
当初CMでもセドリックがブロアム、グロリアがグランツーリスモをメインに据えています。
製品では、専用の丸型4灯ヘッドライトが圧倒的なインパクトを放ったグランツーリスモを、イメージに近いグロリアでラインナップ。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 21:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

自動車も昭和>>>平成





平成時代がもうすぐ終わろうとしていますが、個人的には自動車の世界でもまた平成よりも昭和時代のほうがよかったと思えてなりません。
確かに平成の30年間でクルマの諸性能は著しく向上し、どのメーカーのどの車種を購入しても大きな失敗をするようなことはなくなりました。
しかし、昭和の頃にそれぞれの車種の優れている部分や、逆に良からぬ点について調べたりするのが好きだった管理人にとり、そのようにどのクルマも性能が等しく良くなった今現在はあまり面白くない時代になってしまったという気がします。

そしてセダンに限って言えば、平成初期こそトヨタセルシオや日産インフィニティといった世界基準の高級車が出てきて興味を惹かれたものの、それ以降はとくに強く印象に残るような車種がなく、さらに最近のどれもこれもがクーペスタイル化してしまったセダンにはほとんど関心が持てません。
昭和時代はそれこそトヨタクラウンや日産セドリック/グロリアがモデルチェンジする時期になると、登場前からどんなクルマになるのか楽しみで仕方なく、発売開始日には真っ先にディーラーへ駆け付けカタログをもらい、それを見ながら強く感激したものですが、平成に入ってからはクラウン、セド/グロともにモデルチェンジ時でもそれほどの感激はなくなり、やがてセド/グロは消滅し、クラウンはまだしぶとく残っているものの現行にいたっては何度も述べているように関心を持てないばかりかとてもクラウンだとは思えないクルマに成り下がってしまいました。
本当にモデルチェンジ時にあれほど感激していた頃がウソのようです。

さらにこれはどの車種にも共通して言えることですが、今は新型が登場するかなり以前より、モーターショーでほぼ市販モデルそのものが先行発表されたり、自動車雑誌のスクープなどによって内容の大半が明らかになってしまうこともまた、モデルチェンジ時の楽しみがなくなった理由のひとつになっているのは間違いありません。
昭和時代はCGなどなかったため、今ほど正確ではないハンドメイドによるエクステリアの予想イラストや、搭載エンジンについての情報が出てくるぐらいでした。
その当時は自動車メーカー側にしても新型車の情報については、登場時まで極力隠すのが当然だったのではないかと思いますが・・・

といったことから、やはり自動車に関しても昭和時代のほうがよかったとしかどうしても思えないのです。
しかも管理人の場合はその昭和の中でもとくに免許を取得する前となる高校時代のほうがクルマについての興味と憧れが異常なほどまでに高かったと言えるかもしれません。
とにかく免許が取れる日を心待ちにしながら、自転車でディーラー回りをして展示されている新車に乗ったり、カタログ集めをしたりという日々を過ごしていました。
免許を取得し運転するようになってすぐに関心が薄れたというわけではなかったものの、やはり取得前の情熱のほうが高かったのは明らかです。

おそらく令和に入ってからは管理人の自動車に対する関心はますます失せていき、もう購入することもないでしょう。
そして平成すら終わろうとしている今、さらに昭和は遠くになりにけりといった感じがしますが、そんな昭和時代のクルマが大好きだった頃のことは今でも思い出として強く残っており、本当に懐かしくて仕方ありません。
従って当ブログでは令和になってからも昭和時代の自動車に関する話題を中心に更新していくことになりそうです。
posted by SS at 23:50| Comment(0) | クルマ関連テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

2代目ソアラ(後)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

21%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ホビージャパン64ダイキャストカーコレクション 1/64 トヨタソアラ2.0GT-TWIN TURBO L 1988 スーパーホワイトIII 完成品

■発売日:2019/05/31

■商品の説明
ホビージャパン64ダイキャストカーコレクション 1/64スケール、ダイキャスト製ミニカー。

【ソアラについて】
MARK43とホビージャパン1/18スケールでも80車の代表格として非常に人気の高い車種です。
日本のモータリゼーションに欠かせないバブル期の最高傑作の一台です。
その中からスポーツグレードの代名詞「2.0GT-TWIN TURBO L」を発売。
バリエーションにより異なったリアスピーカーボードの再現や、ホイールのスポーク部にエッチングパーツを使用し繊細に再現。
クリアケース/ABS製台座付。

【ブランドコンセプトについて】
コレクタブルクオリティーのダイキャストカーをお手ごろ価格でお届けしたいという気持ちから企画したのが、ホビージャパン64ダイキャストカーコレクションです。
レジン製モデルカーシリーズ「MARK43」及び「Hobby JAPAN 18」同様に、3DデジタルスキャニングとCADによる設計や、ホビージャパン専属の実車造形師による原型のモデリングなど、実車の魅力とコレクションの楽しさを具現化する努力をしてきました。
そのコンセプトはそのままに、リーズナブルな価格帯でモデルカーの楽しさを広げるシリーズを、1969年にミニカー専門誌としてスタートしたホビージャパンが創立50周年にリリース。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:50| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする