当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2018年05月25日

管理人の発想が実現へ!





当ブログ2014年9月19日付の記事で、走行中のバスで運転手が意識を失う事故が相次いでいることを取り上げました。
当ブログ過去記事
そして、その記事の文末で以下のようなことを述べたのですが・・・
運転席のあたりに乗客がブレーキをかけることができるスイッチを設置するというのはどうでしょうか?
鉄道車両では万一の際に車掌や、一部車両では乗客も非常ブレーキをかけられるようになっていますが、それと同類のものをバスにも設置して、作動させるとブレーキがかかるだけではなく、外部に非常事態が起きたことを知らせる表示も兼ねればなおいいでしょう。
とくに衝突被害軽減ブレーキの搭載が難しい路線バスでは、運転手が気を失った場合の安全対策といえばそれしかないと思いますが・・・
それから4年近くが経過した今、まさにそれと類似のシステムが実現する運びとなりました!
日野自動車が開発し、今夏より販売されるバスに装備される模様です。
ヨミドクター記事
スイッチの設置は左右最前列の客席の頭上とのことで、やはり運転席に近いあたりと言えることでしょう。
そしてスイッチを押すと車外に聞こえるようにホーンが鳴り、ハザードランプを点滅させ外部に非常事態が起きたことを知らせながら、徐々に減速して停止するというシステムになっているようです。
なお、これは管理人が直接メーカーに提案したわけでないことはもちろんですし、誰でも考え付くようなものだとは思いますが・・・

ただ、個人的に気になるのは「今夏以降に販売される大型観光バスに標準装備」という部分で、観光タイプのバスへの設置も大切ですが、立客が転倒する恐れがあることから衝突被害軽減ブレーキの搭載が難しいとされる路線タイプのバス車両にも、ぜひ設置するべきシステムだと言えるでしょう。
ともあれ、このシステムの導入により運転手に万一何かあった場合でも安心してバスを利用できるようになるのは間違いなく、今後他のメーカーも含め乗客を乗せて走行するバスの全車両に普及することに期待したいものです。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | バス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

5代目スカイライン(前)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

28%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 西部警察 Vol.22 「地獄から帰った刑事」 スカイライン2000GT-L 銀 (メーカー初回受注限定生産) 完成品

■発売日:2018/09/30

■商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージネオ 1/64スケール、ダイキャスト製ミニカー (塗装組立済)。

日本を代表するGTカーとして、完熟の域に達した5代目スカイラインは、その名も『SKYLINE JAPAN』を名乗って登場しました。
1977年登場の前期型が丸型、1979年以降の後期型では角型ヘッドライトとなりますが、今回のTLV-NEOでは新仕様を追加。
西部警察PART-I 第17話『地獄から帰った刑事』に登場した車を再現。
まだ新車に近い年式ながら激しいスタントを演じたのが印象的です。
スタイルの再現で定評あるTLV-NEOのジャパン、必見の仕上がりです。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:50| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

15代目クラウン発売日





当ブログ昨年12月8日付の記事で取り上げた次期型15代目クラウンについてですが、その発売日を本年6月25日とすることが公式発表されました。(当ブログ過去記事
あと2ヶ月ほどで発売が開始されることになります。

スタイルについては、その昨年末の記事でも述べたように、昨年の東京モーターショーで公開された「クラウンコンセプト」とほぼ変わりないものと思われますが、やはり個人的にはとくにそのリアのクーペスタイルに風格がなさすぎて、どうしても馴染むことができません。

p171208-01.jpg
p171208-02.jpg
p171208-03.jpg

高級セダンにもかかわらず、まるでスポーツカーのようで、それならば一層のこと2ドアにしてしまったほうがカッコいいのではないかとさえ思えます。
それでも、まぁアスリート系ならばまだいいでしょう。
ロイヤル系までもがこのクーペスタイルになってしまうことにどうしても許容することができません。
本来であればロイヤル系はせめてリアだけでも意匠を変え、トランクリッドを水平にして落ち着いたイメージにするべきだと思いますが、どうやら基本的にはアスリート系と同じスタイルで出てくるようです。
昔、430型セドリック/グロリアがハードトップ系は尻下がりスタイル、セダンはトランクリッドを水平にしたスタイルだったことを考えると、決して難しいことではないと思うのですが・・・
管理人は不人気だった4代目や9代目を含め、歴代すべてのクラウンのスタイルがいずれもそれぞれ好きでしたが、現行14代目ぐらいがもう限界です。
15代目のクーペスタイルは本当にダメダメで、クラウンとは名ばかりでまったく別のクルマになってしまうとすら思えてなりません。
昭和時代のコロナやビスタ、スカイラインなどに設定されつつ、その不格好さから不人気車となりあまり売れなかった5ドアハッチバック車を彷彿させられたり・・・(参考リンク
余談ながら現在管理人が見ている「太陽にほえろ」では7代目クラウン前期型の3.0ロイヤルサルーンGが出てくるのですが、そのスタイルを見る度に惚れ惚れとさせられます。
間もなく登場する15代目と比べると、まさしく月とスッポンだとしか言いようがありません。

一方、クラウンよりやや上級という位置付けの「クラウンマジェスタ」については新型が出ることはなく、現行の6代目をもって終了となり、およそ26年以上の歴史に幕を閉じることがわかりました。
すでにトヨタの公式サイトから削除されてしまったようです。

p180427-04.jpg

管理人にとって国産のセダンの中でもっとも好ましいと感じていたのがこのマジェスタだっただけに、ちょっと残念ですが、仮に次期型マジェスタが出るとしても、やはり15代目クラウンと同じクーペスタイルとなってしまうのは間違いないと思うので、もうどうでもいいといったところでしょうか・・・
なお、このマジェスタの廃止に伴い、15代目クラウンにマジェスタ並の高級装備とV6-3.5Lハイブリッドを搭載した上級グレードが設定されることがわかりました。
V6-3.5Lハイブリッドは先代13代目クラウンハイブリッドにも搭載されていたのでクラウンに復活ということにもなりますが、レクサスLSなどと同様の性能や燃費が大きく向上したものとなります。
そのほかは現行と同じ直4-2.5Lハイブリッド、直4-2.0Lガソリンターボに加え、直4-2.5Lガソリンエンジンが新たに追加され、逆にV6-2.5LとV6-3.5Lのガソリンエンジンはついに消滅といったように、先のV6-3.5Lハイブリッドを除けばすべて直4に統一されることになりそうで、エンジンのダウンサイジング化がより進められると言えるでしょう。

というわけで、これで管理人にとってはトヨタ車の中でセダンとしてまともなスタイルをしていると思えるのは「センチュリー」のみとなってしまいます。
そのセンチュリーも今年中には新型が登場し、その姿がすでに明らかとなっていますが、さすがのトヨタもセンチュリーまでもクーペスタイルにするという愚かなことはしませんでした。
まったく無縁なクルマではあるものの、ここのところスタイルが次々と悪化しているトヨタにもまだ良識があるという点で救いと言えるかもしれません。

p180427-01.jpg
p180427-02.jpg
p180427-03.jpg
posted by SS at 23:50| Comment(0) | トヨタ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

西部警察スーパーZ ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

17%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミーテック オリジナル 1/43 T-OR4302 西部警察 スーパーZ (メーカー初回受注限定生産) 完成品

■発売日:2018/09/30

■商品の説明
トミーテック オリジナル 1/43スケール、レジン製ミニカー。

1/6スケール「KATANA」、1/64スケール「レディバード」、1/43スケール「ガゼール」に続くトミーテックが企画・開発を行うレジン製モデルの第4弾!
TLV-NEOでの商品化ノウハウと、実車取材の豊富なデータをレジン製モデル開発にも活かします。
TLVと同じ生産工場にて一つ一つ丁寧に生産。
レジン製ならではのシャープさや塗装のクオリティをお楽しみ下さい。

製品は『西部警察』の劇中車の中から、「スーパーZ」をモデル化。
ガルウイングドアが装備されたスーパーZは、大門団長の相棒として画面を彩りました。
本モデルでは、特に目立つ内装も極力細かく再現。

クリアケース入り。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

どれだけ売れるのか?





日産自動車が販売しているクルマの中で、もっとも人気が高く売れている車種といえば、まず「セレナ」が頭の中に思い浮かびます。
コンパクトカーの「ノート」もハイブリッドシステムのe-POWERを搭載して以来、日産としては記録的な販売台数を誇る人気車種となりましたが、セレナの場合は2世代前となる3代目あたりより、同クラスのミニバンの中で販売台数1位を継続するようになったことから、その人気が一過性のものではなく、いかに長続きしているのかがわかるというものでしょう。

そして2016年8月にフルモデルチェンジされた現行5代目モデルの販売も好調なようですが、それはやはり当ブログでも取り上げたことのある初歩の自動運転技術「プロパイロット」を搭載したことが支持されたのでしょうか。
とにかく近年の日産のクルマが販売面で他社のライバル車種に劣ることなく、しかもその状態が何世代にも渡り継続するというのはきわめて異例なことと言えるかもしれません。

さらにそのセレナに本年2月末、ノートの人気を一気に押し上げたe-POWERの搭載モデル「セレナ e-POWER」が追加されました。
もともと売れ行きが好調なまま推移してきた現行セレナに人気の高いe-POWERが出てくるとは、まさに鬼に金棒と言えるでしょう。
今後どれほど売れることになるのか興味深いところです。

ところで、タレントの藤本美貴がどういうわけか2017年2月4日に開催された現行セレナ関連のイベントに出演しました。(エキサイト記事
さらに本年2月28日の「セレナ e-POWER発表披露会」にもFUJIWARAの藤本敏史と“W藤本”で登場!!
p180330-01.jpg
そのどちらのイベントでも、彼女は実際にセレナを運転してプロパイロットやe-POWERを体験したようです。
p180330-02.jpg
当ブログで以前彼女が所有しているクルマを特定したことに触れたことがありますが、ライバルのトヨタ車に乗っているにもかかわらず、セレナのイベントに2回も出演して日産車を推すというのは、その事実を知っている者にとっては何かおかしな気がしてなりません。
ただ、国産車のCM等に出演した芸能人がそのメーカーのクルマを所有しているとは限らず、むしろ外車などまったく無関係の車種に乗っているケースのほうが多いことも考えられるので、仕事で関わるクルマと実際の所有車とはあまり関係ないとは思いますが・・・
きっと子育て中ママのミキティがセレナのイメージによく合っているということで選ばれたのでしょう。

なお、彼女が現在もまだプリウスαに乗っているのか、それともその後クルマを買い替えたのかどうかはわかりらないものの、まさかイベントへの出演の影響ですでにセレナを所有していたり、あるいは今後購入するというようなことは、おそらくないと思いますが・・・
とはいえ今後子供がどんどん大きくなると室内の広いクルマがなにかと便利だとは思うので、セレナのようなミニバンの購入を検討することはあり得るかもしれません。

最後に2月28日に行われたその「セレナ e-POWER発表披露会」の動画をどうぞ!





posted by SS at 23:50| Comment(0) | 日産関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

関東鉄道バス ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

16%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:1/43 いすゞエルガ 関東鉄道 1/43スケール ABS&ダイキャスト製 塗装済み完成品ミニカー

■発売日:2018/07/31

■商品の説明
茨城県を本拠地とする関東鉄道取手営業所に所属する、いすゞ新型エルガ2108号車をミニカー化。
カラーリングはもちろん、方向幕、窓やミラー形状にいたるまで関東鉄道の仕様を再現しました。
ボディにプラスチック、シャシーにダイキャストを採用し、精密さと重量感を両立。
大型路線バスの特徴であり、マニアにとって見所である前輪のステアリングギミックつきとなっております。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

日本の最高級車なのに・・・





2017年10月、およそ11年ぶりにフルモデルチェンジされて登場した新型レクサスLSを管理人が街中で初めて見たときの第一印象は、とにかくリヤスタイルが貧弱すぎて、とても高級車には見えないということでした。
そのため、目に入った瞬間はなんのクルマなのかわからなかったほどです。
すでに当ブログでも取り上げた今年中に登場するとされている次期型クラウンにしてもそうですが、どうしてこうもセダンをクーペスタイルにしてしまうのでしょうか。
かつてのセルシオのいかにも高級車らしい堂々としたリヤスタイルからかけ離れてしまったとしか思えません。
それにフロントの顔にしても、今やレクサス全車共通となったスピンドルグリルはあまりにも芸がないといった印象で、なおかつクドすぎて嫌味にさえ感じられてきます。
そのほか、一番安いモデルでも980万円とかなり高価になったことや、ボディサイズも大きくなりすぎたことから、一般のユーザーがおいそれと手の出せるようなクルマではなくなったとも言えるでしょう。
中身の進化は相当なものがあるらしいものの、ドライバーズカーとしてはボディが大きすぎ、ショーファーカーとして使うにはとくにリヤのクーペスタイルがスポーティすぎて不向きと、なにか中途半端なクルマになってしまったという印象を受けてしまいます。

ところで、2月18日に元東京地検元特捜部長で現在は弁護士の78歳になる男が、東京港区内の路上で乗用車を運転中に誤って店舗に突っ込み、たまたま歩道を歩いていた男性がはねられ死亡するという痛ましい事故が発生しました。
その弁護士はアクセルとブレーキを踏み間違えたと話しているようですが、事故を起こしたそのクルマは、まさに新型レクサスLSで間違いありません。
p180302-01.jpg
そのレクサスLSがどのうような仕様だったのか詳しいことはよくわからないものの、こんな登場したばかりの1000万円以上もする最先端の最高級車ですら、最近よくある踏み間違えによる事故を未然に防ぐことができないとは心底驚かされました。
自動運転車に匹敵するほどのレベルの安全装置が装備されているとも言われている新型レクサスLSだというのに、こんな悲惨な事故が起きているようでは、なんの役にも立たないとしか言いようがないでしょう。
今回の事故では不運にもたまたま自動ブレーキが作動しない条件が揃っていたのではないかという話もありますが、こういったケースの事故こそ防げずしてなんのための安全装備なのかと疑問を感じてしまうことも確かです。

先に述べたようにまずスタイルが個人的にダメなのに加え、安全面に関してもまだまだといった印象を受けざるを得ず、管理人がとても購入できるようなクルマではないとはいえ、日本の最高級車であるはずの新型レクサスLSにはすっかり失望させられてしまいました。
posted by SS at 23:50| Comment(2) | レクサス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

2代目ソアラ(後)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

17%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:Hobby JAPAN 1/18 トヨタ ソアラ 2.0GT-ツインターボL GZ20 1990 スーパーホワイトIII

■発売日:2018/02/28

■商品の説明
Hobby JAPAN 1/18スケール、レジン製ミニカー。

実車は1986年~1991年まで発売されてた当時の日本車を代表する最高級クーペの一台です。
仕様はホイール形状が変更となった後期型を再現しました。
2.0GT-Twin Turbo は5MTでの再現となります。
実車を3Dスキャニングすることにより、黄金比を用いたボディーデザインを忠実に測定しモデル化しました。
当時の最高級車をお楽しみください。

本体寸法 (全長:約26cm)。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:50| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

駐停車禁止のはずなのに・・・





以下は先日、バイクで千葉市内を走行した際に撮影したドライブレコーダーのキャプチャー画像です。

p180202-01.jpg

画質が悪いながら、パトカーが交差点の直前でハザードを点灯させて停車しているのがわかることでしょう。
確か横断歩道の手前5m以内は駐停車禁止と決められているはずなので、これは完全にアウトかと思われます。
まぁ警察官といえど人間なので、すべての道交法を守って運転するのが困難なのは理解できるものの、今回の場合はもう少し交差点から離れて停車することはできなかったものなのかと。
道路状況的にそれは十分可能な場所でもありました。
何があったのかは知りませんが、他車を取り締まる立場であることを考えると、こんなところには絶対に停車するべきではないとしか思えません。

ちなみに、この後信号が青になったので発進したところ、停車していたはずのこのパトカーがいきなり赤色灯を点灯させて同時に発進し、しばらくうちらのバイクの後ろにピッタリとくっついてきました。
こちらにはなんら後ろめたいことはなかったとはいえ、まるで威嚇されているかのようで、いい気分がしなかったことは確かです。
そのうち何事もなくパトカーは別の方向へと曲がっていきましたが・・・
posted by SS at 00:00| Comment(2) | クルマ関連テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

初代ガゼール(前)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

17%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:ignition model × TOMYTEC 1/43 T-OR4301 西部警察 ガゼール

■発売日:2018/07/31

商品の説明
ignition model × TOMYTEC 1/43スケール、レジン製ミニカー。

1/6スケール「KATANA」、1/64スケール「レディバード」に続くトミーテックが企画・開発を行うレジン製モデルの第3弾!
TLV-NEOでの商品化ノウハウと、実車取材の豊富なデータをレジン製モデル開発にも活かしています。
TLVと同じ生産工場にて一つ一つ丁寧に生産。
レジン製ならではのシャープさと塗装のクオリティ。

本製品は『西部警察』の劇中車の中から、捜査課長・木暮謙三の専用車「ガゼール」です。
西部警察専用に製作されたオープン仕様のガゼールは、何度か作中でも重要な役回りで登場するなど特別な一台でした。
本モデルでは、特に目立つ内装も極力細かく再現。
1/43スケール待望の一台です。

クリアケース入り。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする