当ブログ内のすべての文面と画像の二次使用を禁止します。

2017年09月15日

フロントガラスの違い





管理人がまだ子供だった頃、父の運転するクルマに乗せられて買い物へ行き、スーパーに到着して太陽光の当たる平面駐車場にクルマを止めた後、まわりに駐車してあるクルマのフロントガラスを見てみると、そのほとんどが縦縞の模様のようなものが浮かび上がっているにもかかわらず、自分の家のクルマにはそれがないことが不思議でなりませんでした。

それから数年後、クルマ関連の本をよく読むようになってから、それは「部分強化ガラス」と「合わせガラス」の違いであることを理解したのですが、父のその当時のクルマとは330型セドリックのことで、「デラックス」という名称に反した低級グレードだったにもかかわらず、その頃はまだめずらしかった合わせガラスが奢られていたとは、さすがに高級車であったことをあらためて感じさせられます。

230型セドリックではラジオのアンテナが左フロントフェンダー部にある伸縮タイプだったのが、330型ではフロントガラスへの埋め込みタイプになりましたが、それも2枚のガラスに中間膜をサンドした合わせガラスだったからこそ可能な技術だったのかもしれません。

ちなみに前面のウィンドシールドは1987年に合わせガラスの装着が法制化されたため、それ以降の新車では部分強化ガラスの使用ができなくなりましたが、昭和時代の旧車には現在でも残っていることでしょう。

なお、昭和50年代まではシートベルトをする習慣がなかったので、ほとんど着用することがありませんでしたが、部分強化ガラスだと事故時に乗員がガラスを突き破り車外に放り出されたり、そこまではいかなくても割れて飛び散ったガラスの破片が眼球に当たり失明する事故も多発したそうで、そのほかガラスが割れると粉々になって視界が遮られるという問題点もあったようです。

強固で割れてもヒビが入るだけの合わせガラスではそういった危険性はないものの、シートベルトを着用していない場合だとガラスに強く頭を打ち付けて脳挫傷になるケースもあるというような話を以前本で読みました。

シートベルトの着用が義務付けられ、すべてのクルマにエアバッグが標準装備されるようになった現在では、フロントガラスに頭をぶつけるようなケースはほぼなくなりましたが、エアバッグがあるからといってシートベルトを着用しないと危険であることは言うまでもありません。
posted by SS at 23:50| Comment(0) | 家の所有車関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

Y31型セド/グロ プラモ

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

12%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:青島文化教材社 1/24 ザ・モデルカーシリーズ No.62 ニッサン Y31 セドリック/グロリア V20ツインカムターボ グランツーリスモSV 1987 プラモデル

■発売日:2017/11/30

商品の説明
青島文化教材社「1/24 ザ・モデルカーシリーズ No.62 ニッサン Y31 セドリック/グロリア V20ツインカムターボ グランツーリスモSV 1987」のプラモデルです。

新規デカール。
スリットグリル部品封入。
純正アルミホイール。
16インチdBタイヤ使用。

※この商品は、組み立て、塗装が必要なプラモデルです。
※組み立て、塗装には別途、接着剤や工具、塗料等が必要です。
※「プラモデル」は日本プラモデル工業協同組合所有の登録商標です。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:50| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

シルバーが最高値だとは・・・





当ブログ本年2月3日に更新した「高級車のボディカラー」と題した記事で、白や黒に比べてそれ以外のカラーの高級車は中古車市場で安値が付き、下取り価格も安くなってしまうことを取り上げました。(当ブログ過去記事

ところが、先日グーネットでセルシオを検索してみたところ、現時点で298万円というもっとも高値が付いているのがシルバー色なので思わずビックリ!!(リンク

p070818-01.jpg

グレードは人気のあるeR仕様ではあるものの、C仕様のインテリアセレクションよりは落ちるという印象です。

また、走行距離が4.6万Kmというのはセルシオの中古にしては少ないほうですが、もちろん30系後期型の最終モデルではあるものの年式は平成16年で、セルシオの生産と販売終了が平成18年だったことを考えると高値のわりには古いという印象が否めません。

内装色も黒が人気なのに対しグレーとなっており、オプション類にしても電動のコーナーポールぐらいなもので、本革+本木目のコンビハンドル&シフトレバーノブすらないことがわかります。

ちなみに現時点で2番目に高いセルシオが年式は平成15年とより古いながら、2.5万Kmしか乗っていない人気色黒で同じくeR仕様の238万円なので、一気に価格が跳ね上がるといった感じで、やはりどう考えても高すぎるとしか言いようがないでしょう。

そのほか、同じ黒のeR仕様で、平成18年式3.8万Kmで230万円というのもあります。

シルバーのボディカラーであることからしても、通常であれば150万円もしないであろうセルシオが、どうしてこれほどの高値が付いているのか不思議でなりませんでしたが、よく見てみると元プロ野球選手の稲尾和久氏の所有車両との記載があり、希少価値のあるグッズ等も付いてくるということで、やや納得させられました。

しかし、稲尾氏がどれほど大物の野球選手であったのかはよくわかるものの、そのご本人が乗られていたクルマかどうかなんて人にはわからないことですし、今時こんな仕様のセルシオを298万円も出して買う人がいるのかどうか・・・

いるとすればよほどのファンの方だと思いますが、果たしてこの価格のまま売れるときが来るのでしょうか。

ちなみに稲尾氏は2007年(平成19年)11月13日に亡くなられたそうで、平成16年に新車で購入したとすれば3年しかお乗りにならなかったことになりますが、それから現在までのおよそ10年間、このセルシオがどうなっていたのかも謎です。

まぁ家族の方などがときどき乗られていたことも考えられますが・・・
posted by SS at 21:12| Comment(0) | 中古車リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

C230型ローレル ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

29%OFF!!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-N157a 日産ローレル 2000GL-6 77年式 緑

■発売日:2017/11/30

商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64スケール、ミニカー。

3代目ローレル (セダン)です。
日産のパーソナルサルーンとして、1968年に初代が誕生。
この市場をいち早く開拓し、トヨタのマークIIと共に市場を牽引してきました。
モデルは、77年にデビューした3代目C230型です。
先代より続くアメリカンな雰囲気をまといつつ、機能的な四角いボディが特徴です。
金型を新規に製作。丸型ヘッドライトが特徴の前期型を再現。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:50| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

貴重な美貴ベンツの記録





6月17日に自分のクルマを運転中に事故を起こしたタレントの藤本美貴は、その後1週間ほどの謹慎期間がありましたが、現在では事故前と変わらない通常の活動に無事戻りました。

その事故の際のニュース映像により、彼女が現在乗っているプリウスαは車体全体をよく見れたわけですが、それ以前に乗っていたメルセデスベンツBクラスについては、車体の一部分や車内のみがブログの画像に写り込んだに過ぎなかったため、全体はまだ見たことがなかったのです。

ファンの間ではそのBクラスのことを「美貴ベンツ」と呼んでいましたが、実は今さらながらつい最近になってハッキリと写っている記録を見つけました!

それは本人が所属している事務所を撮影したストリートビューの画像となります。

撮影時期は2014年2月のもので、この事務所付近のストビューは以前からよく見ていたものの、その時期の画像に限ってとても出しにくいこともあり、これまでまったく気づきませんでした。

それが本人のクルマだと断定できるわけではないものの、彼女が乗っていたのと同じ黒のBクラスで、しかも所属事務所1階の駐車場に止まっているとなれば、間違いないとみて構わないでしょう。



それにしても彼女はそれほど頻繁に事務所へ行っているわけではなく、訪れたとしてもこの頃は都営浅草線と大江戸線を使って行くこともあっただけに、よくぞクルマで行って止めたときにちょうどストビューの撮影車が通ったものだと感心させられます。

また、管理人は彼女がこの美貴ベンツからプリウスαに買い替えたのを2014年の春頃だと予想しましたが、それが正しければこれは替える直前に撮影されたとても貴重な記録だとも言えるでしょう。

よく見ると何気に車体が薄汚れているような感じもしますが、そのことからしても手放す時期が近かったことが伺えるというものです。

ところで、そんな彼女が今度はブログでママチャリに乗っててコケたという記事を、今月19日に更新しました。(藤本美貴オフィシャルブログ

右腕についた傷が実に痛々しい限りですが、こうも災難が続くのはおかしいと思ってちょっと調べてみたところ、女性の33歳は厄年の中でもっとも危険な大厄らしく、現在32歳の彼女はその前厄ということで、凶事や災難に対してかなり警戒しなければならない年齢に差し掛かっているんだそうです。

管理人自身はこの厄年の頃に厄除けを行わなかったにもかかわらずとくに何も起きずに過ぎたので、それほど強く信じているわけではありませんが、彼女の場合はさすがに厄年に入っていることが関係しているような気がしてならず、シッカリと厄祓いを済ませてくれぐれも気をつけたほうがいいのではないかと思えてなりません。
posted by SS at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人のクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

430型セドリック ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

34%OFF!!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-NEO 特捜最前線04 セドリック (黒)

■発売日:2016/11/12

商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64スケール、ミニカー。
神代警視正率いる警視庁特命捜査課を舞台に、捜査に奔走する刑事たちと、それを取り巻く人間模様を秀逸に描いた傑作刑事ドラマが『特捜最前線』 (1977~87年放送)です。
番組に登場した刑事たちの愛車・通称特命車として当時最新の日産車が登場し、ブラウン管を賑わしました。
本製品では、1980年頃の特命車として広く知られる430型セドリックをモデル化。
セドリックは、主演の二谷英明氏がCMを務めたこともあり、最高級グレードの280Eブロアムが登場。
セドリックが黒、グロリアが白というボディ色も、先代330系から続く特命車の伝統です。
パッケージはおなじみのブック型で、番組の重要人物のインタビュー記事が入ります。
こちらも必見の仕上がりです。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

車種を特定した矢先の事故





すでにテレビやネットなどのニュースで報道されたように、タレントの藤本美貴が東京・目黒区中町の目黒通りで自家用車を運転中、バイクと接触する事故を起こしました。

片側3車線の道路で一番左側の車線を目黒方面に向かって走行していた彼女が、前方に駐車していた車両を避けるため右側に車線変更したところ、ちょうど後方から走ってきた125CCの原付バイクに接触という事故のようです。(藤本美貴オフィシャルブログ

:事故発生現場


本人にケガはなく、バイクの男性は左足首打撲の軽傷とのことで、その程度の事故で済んだのはなによりだったと思いますが、実は彼女は2009年の夏頃に免許を取得後、翌年の6月にも東京・港区の表参道交差点近くでタクシーに追突する事故を起こしています。(参考記事

そのときは徒歩ぐらいのごく低速で前に停車していたタクシーに軽く当たった程度で、もちろん双方にケガはありませんでしたが、今回はたとえ軽症だとはいえ相手にケガを負わせたことを考えると、前回よりも大きな事故を起こしてしまった言えるでしょう。

現にその事故以来、彼女のテレビへの出演が今のところなく、ブログ等の更新も途絶えてしまったので、公式な発表はないものの、活動を自粛しているような気配が感じられます。

免許を取得してから8年にもなり、クルマの運転は得意そうな感じもしていたので、2度目の事故を起こすことはまずないだろうと思っていたのですが・・・

しかも、なにかと死角の多い左側への車線変更における事故ならばとにかく、右側への車線変更でというのは、一体どうしたのかと不思議になります。

何か考え事でもしていた、とでもいうのでしょうか。

もっとも、管理人はこの目黒通りを二子玉川駅と目黒駅を結ぶ東急バスに乗って通ることがたまにあるのですが、各車線の幅が狭いこの道路を、クルマもバイクもまるで競い合うかのようにかなりのスピードを出しながら我先に走っている光景をよく目にするだけに、以前より事故が起きないほうが不思議だという感じがしていたことは確かです。

従ってその被害者側のバイクも結構な速度で走っていたために、本人が確認しきれなかったこともあるかもしれません。

クルマの運転に関してはベテランの管理人でさえ、あまり走りたくない道路のひとつと言え、彼女のように都内、それも都心から近いところに住んでいるとこういった道も通らなけれなならず大変だという気もするところですが・・・

ちなみに本人は負けん気がかなり強いことで有名で、その性格からするとかなりのスピード狂に見られがちのような気もしますが、今では2人の子持ちであり、また順風満帆な活動を行っている芸能人である以上、事故を起こしたら大変なことになることぐらいはわかっていたと思うので、ブログの謝罪文にもあるように常に安全運転を心がけていたのは間違いないでしょう。

ところで、たまたますぐ近くにTVクルーがいたのか、それとも事故の情報をキャッチしてすぐに駆け付けたのかはわからないものの、今回のこの事故現場を撮影した映像がJNNで流されたことには驚きました!

それにより本人の姿や乗っているクルマまで映ってしまっています。



彼女が現在乗っているクルマが黒の前期型プリウスαであることを管理人が特定した件について当ブログで取り上げたばかりですが、この事故現場のニュース映像によって、それが間違いなかったことがおのずと証明される結果になったと言えるでしょう。

この事故を報じたYahoo!ニュースのコメントを見ると、管理人と同じように彼女が外車に乗ってそうなイメージを持っていた人がいかに多いかがよくわかり、意外に庶民的だとか、好感度が上がったという書き込みも見られました。

ただ、その映像で彼女のプリウスαは前後のトヨタマークやサイドのエンブレムをことごとくブラックアウトしたり、アルミホイールやドアハンドルなどをカスタマイズしているなど、より詳しい仕様が判明しましたが、ちょっとガラが悪いという印象を受けることも確かです。

もっとも、それらは旦那の趣味である可能性が高そうに思えますが・・・

藤本美貴本人としては、ブログなどで愛車の車種を特定されないように気を配っていた様子が伺えるだけに、今回のニュース映像で流され、かなり多くの人に知られてしまったことはかなり心外でしょう。

管理人も人のことを言える立場ではないものの、テレビのニュースで流れるというのは、アクセス数の少ない個人のブログで取り上げるのとはわけが違います。

それに事故現場における自分の姿まで映されてしまうというのは嫌なものであることがよくわかるだけに、お気の毒としか言いようがありません。

芸能人だからといって、相手を死なせたり、逃げたわけでもないこの程度の事故を大げさに報道するマスコミというのもどうかと思います。

この藤本美貴の事故のあと、キムタクや矢沢の永ちゃんもほんの軽微な事故を起こしたことがいちいち取り上げらましたが、そういった点からすると芸能人という職業は大変だという印象で、下手をするとタレント生命にも関わるリスクがあることを考えると、タクシーを使ったり、運転手を雇ったりして、自分では運転しないほうが無難ではないかとさえ思えるところですが・・・

それにしてもこの1週間近く、本人の活動が止まってしまったことが気がかりでなりません。

現在の彼女はフジテレビの「バイキング」などでご意見番的な役割も担っていましたが、今回事故を起こしたことにより、そういった番組への出演はさすがにしばらくは厳しいのではないかと思えます。

しかし、本人も反省しているようですし、なにもブログやインスタグラムの更新まで停止することはないでしょう。

なるべく早く以前と変わらない活動が戻ってくることを願いたいものですが・・・
posted by SS at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人のクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

Y31型セドリック ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

25%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/43 LV-N43-18a セドリック セダン 黒

■発売日:2017/08/31

商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/43スケール、ダイキャスト製ミニカー。

2017年6月に誕生30周年を迎えるY31型セドリック/グロリア。
それを記念してTLVでは1/43スケールで3ナンバーの前期型4ドアセダンをモデル化。
基本的にはタクシー、パトカー仕様をベースとしますが、厚型のサイドモールを彫刻した別金型を製作。
デビュー当初の最上級車V30ターボブロアムVIPを再現。

実車は1987年6月に登場、それまでのY30系とはガラリと印象を変え、フォーマルさは残しつつも時流に沿ったスタイルに変身。
メカニズムも一新され、歴代初の4輪独立懸架を採用するなど、セドリック/グロリアのイメージを覆すものでした。
市場の反響も良く、セダン型はタクシー専用車として最終的に2014年までと長寿を誇ったことも特筆されます。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

まさかトヨタ車だとは・・・





まずはじめに、今回は本人のファンというわけでもなければ、別にどうでもいい話題であることをお断りしておきます。

2009年10月に自動車免許を取得したタレントの藤本美貴は、教習所に通っていた頃から自分用のクルマとして初代メルセデスベンツBクラスのB200ターボを購入し、しばらく乗っていました。

http://ameblo.jp/miki-fujimoto/entry-10365253413.html

それから5年ほどが経過した頃、子供も2人になってそろそろクルマを買い替える時期ではないかと思い、彼女がBクラスの次に買いそうなクルマを管理人なりに予想してみたのですが、そこでまず思い浮かんだのは同じベンツのCクラスワゴンあたりで、仮にベンツではないとしても、まず外車しか買わないだろうと考えていたのです。

その後、2015年7月6日に更新された以下のブログ記事の画像で、明らかにBクラスではないことがわかるクルマが写っており、それにより案の定買い替えたことに気づいたのですが、この画像をもとになんの車種なのか調べてはみたものの、管理人の頭の中には外車しかなかったこともあり、残念ながら特定するには至りませんでした。

http://ameblo.jp/miki-fujimoto/entry-12047334541.html

n170505-05


しかし、それから2年近くが経過した今月4日に更新されたブログ記事で、ようやく特定可能な以下の画像が出てきたのです!!

http://ameblo.jp/miki-fujimoto/entry-12271520632.html

n170505-01


まず、ハンドルの中央に紛れもなくトヨタのマークが確認できた時点で、国産車は絶対に買うことがないだろうと考えていた管理人はかなりビックリさせられることに・・・

さらにハンドルに付いているスイッチ類、インパネの形状やシートの位置調整レバーを参考に調べてみたのですが、これはプリウスαの前期型で間違いありません。

n170505-02


判明してからあらためて先の2015年7月6日のブログ画像に写っているクルマのサイド部分をよく見てみると、ドアハンドルの形状や円形の燃料給油口などから、ますますプリウスαであることがわかろうというものです。

それではいつ頃買い替えたというのでしょうか。

過去のブログ記事を確かめてみたところ、2014年2月中にはまだベンツに乗ってそうだったことがわかるのですが、同じ年の4月16日に更新された以下の画像では、シートやルームライトの位置形状からプリウスαであることがわかるので、おそらくこの頃に買い替えたのだと思われます。

http://ameblo.jp/miki-fujimoto/entry-11824815937.html

n170505-04


プリウスαがマイナーチェンジして現行の後期モデルが出てきたのは2014年11月のことなので、おそらくはそれよりも半年ほど前となる2014年の春頃に前期モデルを新車で購入したのでしょう。

従って、当ブログ2014年08月22日付の記事で、ミキティがベンツBクラスに乗っていると書きましたが、その時点ではすでにプリウスαに変わっていたことになります。(当ブログ過去記事

それにしても3年以上も特定できないまま時が過ぎてしまったというのは、不覚としか言いようがありません。

まぁブランド物などの海外製品や洋画が好きなあの彼女が日本車ということだけでも考えられないうえに、トヨタ車のそれもありふれたプリウス系なんて絶対に乗ることのないクルマだと思ってたので、仕方ありませんが・・・

プリウスαも決して安いクルマだとは言えないものの、管理人が予想したベンツCクラスワゴンのもっとも安価なグレードと比べてもぜんぜん安いのでまだ一般的だといえ、現実離れしたような高価なものではなく、芸能人にしては控え目なクルマであることにより好感が持てたといったところでしょうか。

あとボディカラーは先の2015年7月6日のブログ画像からもわかるように黒で、最初に所有したベンツBクラスもそうでした。

彼女の黒好きはデビューした頃から有名で、その当時は私服も黒系が多かったながら、現在ではいろんなカラーの服を着るようになりましたが、ことクルマに関しては以前借りたことのあるミニバンのレンタカーを含め、今のところ黒一色です。

もっとも、旦那の庄司にしても黒の外車続きなので、旦那の趣味であることも大きいのかもしれませんが・・・
posted by SS at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人のクルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

Y30型グロリア ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!!ただいま予約受付中です!

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-N150a グロリアV30 ブロアム 白

■発売日:2017/08/31

トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64スケール、ミニカー。

Y30型グロリア ハードトップの後期型が登場。
前期型とは前後のイメージを大きく変更。
モデルとしてもセドリック前期型とイメージをガラリと変えています。
高級感あふれるグリル周り、3リッター車特有の大きなバンパーなど、往年の高級車感を味わえます。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする