当ブログ内のすべてのテキストや画像等の無断転載を禁止します。
また、管理人はできるだけ正確な情報を記すよう心がけてはおりますが、
中には間違っている部分もあるかもしれませんので、予めご了承ください。

2020年03月28日

現行モデルこそが失敗作


クラウンの歴代モデルのうち販売台数が低迷したのは4代目と9代目とされています。
それぞれ「死」と「苦」という漢字が当てられ縁起が悪いとされる数字のモデルがちょうど売れなかったというのは面白い偶然だと思いますが・・・

現行15代目は2018年6月に販売開始されてからしばらくは結構売れたので低迷したモデルだとはいえないものの、2019年10月からは2000台に届かない月が出てくるようになっています。
まぁ登場からそろそろ2年になることを考えると、セダン不調の時代の中4桁をキープしているだけでもまだマシなのかもしれませんが、やはり管理人が当初予想したとおり販売好調な状態が長続きすることはなかったといえるでしょう。

個人的には現行モデルのスタイルがやはり今でもまったく理解することができず、最大の失敗作だと感じられてなりません。
走りがどれほどよくなったのか知りませんが、高級車としてはいろいろな面で失格です。
これはすでに何度か述べたことですが、従来のアスリート系に当たるRSグレードに関しては今のスポーティなクーペスタイルでもまぁ良しとしましょう。
しかし従来のロイヤル系に相当するグレードまでRSとほぼ変わらないスタイルにしてしまったことが最大の問題点だと思います。
昔からクラウンを代々乗り継いできた層や法人向けとして、もっとフォーマルな正統派セダンのボディを用意すべきだったでしょう。

たとえば過去を振り返ってみると、日産車ですが430セドリック/グロリアや3代目C230型ローレルなどは、ハードトップが尻下がりのスタイルだったのに対し、セダンは正統派の箱型スタイルでした。
そういった前例があることからしても、天下のトヨタが2種類のボディを用意できないわけがないというものでしょう。
また、その2種類のボディの差を明確にするためにも、従来から長く親しまれてきたロイヤル系とアスリート系というグレード分けを現行モデルこそ踏襲すべきだったと思えてなりません。

かつて昭和時代にトヨタはカローラやコロナといった旗艦車種をFF化した際、FR車も一部残してしばらく併売するほどの念の入れようでした。
今回はボディスタイルの話なので駆動方式とは大きく異なるものの、過去にそれほどのことをした自動車メーカーにしては、ステーションワゴンもなくワンボディのみという現行クラウンに関しては芸がなさすぎるような気がします。
先代14代目クラウンと同様、現行も5年以上は販売されることになりそうですが、このままだとおそらく月間販売台数が3桁になるのも時間の問題でしょう。
また、来年にはマイナーチェンジが行われるものと思われますが、よほどの目玉でもない限り改良後少しは盛り返しても、またすぐに売れない状況に戻ることが予想されるところです。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | トヨタ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

130セドリック(後)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

29%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ 1/64 LV-37b ニッサン セドリック パーソナルデラックスV 白/黒 70年式 (メーカー初回受注限定生産) 完成品

■発売日:2020/05/31

■商品の説明
トミカリミテッドヴィンテージ 1/64スケール、ダイキャスト製ミニカー (塗装組立済)。

かつて日産を代表する高級車であった、セドリック/ グロリア。2020年はセドリックが誕生60周年を迎えます。
今回は二代目130型の後期モデルを製品化。
1965年に登場した130型は欧州調ルックが特徴でしたが、1968年秋にボディをガラッと変更。アメリカ的な四角いスタイルに変わりました。
現役引退後の1970年代後半にはドラマ撮影用に次々と起用され、ブラウン管をにぎわせたことでもおなじみです。
パーソナルデラックスVは、この頃より増えてきた個人オーナーにアピールすべく、白いボディカラー、レザートップなどを盛り込んだ特別仕様車です。

※本製品は走行しません。
※本製品は発光しません。
※本製品は点灯しません。
※本製品は電池を使用しません。
※本製品に電池は含まれません。
※本製品は燃料を使用しません。
※本製品に燃料は含まれません。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

Y30型のVG30ET搭載車


当ブログ2017年3月3日付の記事で、1983年6月にY30型セドリック/グロリアが登場してからわずか半年後となる1983年12月に、最高級グレードの「V30EブロアムVIP」が追加されたことを取り上げました。(当ブログ過去記事
そして、その記事の最後でも述べたように、それからさらに半年後となる1984年6月に今度は3ナンバー車に搭載されているVG30E型エンジンをターボ化したVG30ET型を搭載したモデルが追加されたのです。

日産セドリックY30前期型4ドアハードトップV30ターボブロアムVIP
p200229-01.jpg

4ドアハードトップについてはVG30E型が廃止され、VG30ET型を搭載した「V30ターボブロアムVIP」および「V30ターボブロアム」のみとされたので、追加というよりも変更といったほうが正しいかもしれません。
一方、セダンのほうも「V30ターボブロアムVIP」と「V30ターボブロアム」が登場したのは変わりないものの、VG30E型を搭載した「V30Eブロアム」ワングレードだけは残されました。

日産セドリックY30前期型4ドアセダンV30Eブロアム
p200229-02.jpg

そもそもVG30ET型はすでに3代目フェアレディZに搭載されていたエンジンで、それをY30型にも載せたのはライバルの7代目クラウンが2か月後となる1984年8月に3ナンバー車のエンジンを2.8Lから3.0Lへと変更されるのに伴う処置だったことも考えられますが、当時もっとも強力だといわれた3.0LのターボエンジンをスポーツカーのZならばいざ知らず、足回りがヤワなY30に載せたのはつくづく無謀だと思えたものです。

とはいえVG30E型搭載車のサスのままVG30ET型を載せたわけではありません。
管理人が実車同士で実際に確かめたのですが、うちの父が所有していたV30Eブロアムのフロントフェンダー部の先端を手で押してみると上下にグラングラン揺れたのに対し、日産のディーラーに行って展示されていたV30ターボブロアムで同じように試してみたところあまり揺れなかった記憶があるだけに、それだけサスが固められていたということになります。
ただしこれは新規に開発されたのではなく、おそらくは「V20ターボS」グレートのサスをそのまま流用したものだったのではないかと。

しかし先にも述べたようにVG30ET型はあまりにも強力だっただけに、それでもサスがエンジン性能よりも劣るオーバーパワーだったことが考えられるほか、ターボにより燃費もかなり悪かったことでしょう。
それだけに4ドアハードトップにもノンターボのVG30E型を残すべきだったと思えてなりませんでしたが、その状態もわずか1年程度とごく一時的なもので、1985年6月のマイナーチェンジで「4ドアハードトップV30Eブロアム」が案の定復活しました。

日産セドリックY30後期型4ドアハードトップV30Eブロアム
p200229-03.jpg

当時の水準ではVG30Eでも十分すぎるぐらいの動力性能で、燃費も劣悪なほどではなかっただけに、やはり復活を望む声が多かったという事情もあったのかもしれません。
posted by SS at 00:00| Comment(3) | 日産関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

14thクラウン(後)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

3%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:CARNEL 1/43 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン G (GRS210) 2016 White Pearl Crystal Shine 完成品

■発売日:2020/03/31

■商品の説明
CARNEL 1/43スケール、ダイキャスト製ミニカー。

CARNELの1/43スケールにトヨタ クラウンの210系ロイヤルサルーンGが登場。
170系から続いていたロイヤルとアスリートのグレード分けはこの型のクラウンで最後となっており、ロイヤルサルーンのグレードも最後となる。

※本製品は走行しません。
※本製品は発光しません。
※本製品は点灯しません。
※本製品は電池を使用しません。
※本製品に電池は含まれません。
※本製品は燃料を使用しません。
※本製品に燃料は含まれません。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

庄司家のキャンピングカー





今回もまたまた芸能人の所有車関連の記事になってしまうのですが・・・
今年の1月24日にめでたく第3子となる次女が誕生した庄司智春&藤本美貴夫妻について、いきなりキャンピングカーを購入したことが判明したので取り上げることにします。

まず、藤本美貴オフィシャルブログにて1月4日に「家族キャンプ大好き」というタイトルで更新された記事に掲載されている画像のキャンピングカーをはじめて見た際、レンタカーでも借りたのだろうと思ったのですが、本人の公式Youtubeチャンネルにて1月15日に公開された動画で、去年の夏か秋ごろに中古で購入したという話がありました。(該当記事
p200201-01.jpg
ベース車両は5代目H200系トヨタハイエースワゴンで、テールライトの形状から前期型であるのがわかるので、本人の話のとおり中古で購入したのは明らかでしょう。
また、あまり詳しくないのですがグレードはGLで、ロング・ミドルルーフ・ワイドボディではないかと思われます。
以下の動画で聞こえてくるエンジン音から、ディーゼル車のような感じもするところですが。

ルーフがポップアップしてベッドになるというのは、かつてのマツダボンゴフレンディが思い出されたり・・・
そのほかどのような装備内容なのかわからず、また中古となれば走行距離も関わってくるので一概に言えませんが、安くても300万円はしたのではないかと予想されます。

ところで以前にも当ブログで取り上げたことがあるように、この2人といえば旦那の庄司が「ダッジ・チャレンジャー」、妻のミキティが「プリウスα」をそれぞれ所有していましたが、現在はどうなっているのかわかりません。
ロングタイプでワイドボディのハイエースはかなり大きくは見えるものの、全高を除けばダッジ・チャレンジャーよりも小さいクルマなので普段の足として使用できないこともありませんが、おそらくは夫婦2人それぞれの所有車とは別に購入した可能性が高そうな感じがします。
とすると年に数回しか使用する機会がないようなクルマをよく買ったものだとも思いますが・・・
また、自宅のガレージは2台分しか止めるスペースがないので、ハイエースためにわざわざ駐車場を借りなければならないということもあったりするでしょう。
t200201-01.jpg

あと管理人が意外だったのはそのハイエースのボディカラーです。
庄司が若い頃に乗っていたクルマのことはわからないものの、少なくとも2人のスキャンダルが発覚して以降に所有したクルマは夫婦揃ってすべて黒という徹底ぶりでした。
従って今回シルバーであることにちょっと驚かされたのですが、とくにキャンピングカーの中古となると仕様や装備内容などが重要なポイントとなるので、カラーまでは選べなかったのでしょう。
そのうちオールペンで黒にすることもあり得るような気もするところですが・・・(汗)

ちなみにこれまで庄司家では正月や夏場などに海外旅行へ行くことが恒例になっていましたが、キャンピングカーを購入したことで今後は国内旅行の比率が高くなることも予想されます。
あと旦那のダッジ・チャレンジャーは今もまだ乗っているとすれば10年以上は所有し続けていることになるので、もうとっくに買い替えているかもしれません。
また、ミキティのプリウスαも軽度な事故を起こした際のニュース映像により全国に知れ渡ってしまっただけに、その後すぐに買い替えたことが考えられますが、いずれにしても今のところはどうなっているのかまったくわからないままとなっています。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 芸能人とクルマ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

230セドリック(前)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

18%OFF!!通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-N205b ニッサン セドリック 2000GL 71年式 黒 (メーカー初回受注限定生産) 完成品

■発売日:2020/06/30

■商品の説明
2020年は日産セドリックの誕生60周年と同時に、トミカの誕生50周年でもあります。その記念として、3代目230型セドリックの新仕様を展開。
1971年に登場した230型セドリックは、グロリアとはじめて兄弟車となった世代。オーソドックスかつクリーンなスタイリングが受け、ライバルを販売台数で破った記録的なヒット車となりました。
トミカでは33番として1972年に発売、トミカの歴史上でも希少なモデルとして知られています。その初期型セドリックを、今回TLV-NEOで製品化。
初期型セドリックの展開にあたり、年式に合わせたフロントグリルとリアガーニッシュを新規製作。
今回はバンパー類やホイールもメッキ部品とし、高級車らしい雰囲気を演出します。
トミカの歴史とセドリックの歴史、それぞれの重みを伝えてくれる一台、ぜひコレクションしてください。

※本製品は走行しません。
※本製品は発光しません。
※本製品は点灯しません。
※本製品は電池を使用しません。
※本製品に電池は含まれません。
※本製品は燃料を使用しません。
※本製品に燃料は含まれません。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

ゴマキグルマの変遷





元モーニング娘。の後藤真希について、そのちょっと日本人離れしたような顔つきからはいかにも外国車に乗ってそうなイメージがありますが、実際にはかつてクラウンやセルシオといった国産高級セダンに乗っていました。
p200102-01.jpg

そして2010年代になるとまだ結婚前から初代である10系アルファードVの前期型になります。
まぁ彼女の家のガレージに止まっているからといって本人のクルマだとは限りませんが、ほぼ間違いないでしょう。
p200102-02.jpg

さらに結婚後の2010年代後半には20系アルファードの前期型に変わり、しかもそれまではボディーカラーが徹底してホワイトだったのですが、ブラックに変わりました。
これは結婚相手の嗜好によるものなのかもしれません。
p200102-03.jpg

そしてつい最近になって気づいたのですが、昨年の5月に撮影された最新のストビューを見てみたところ、ついに30系を購入したようです。
同じグループのOGメンバーで例の事故を起こして芸能界から追放された4期メンバーの吉澤ひとみも30系アルファードに乗っていたことは周知のとおりでしょう。
これまでは3期メンバーで先輩のゴマキのほうが古いアルファードに乗っていたことになるわけですが、現在では色違いながら同じ型になりました。
ともに前期型でグレードもほぼ共通しているかと思います。
p200102-04.jpg

しかしゴマキの場合2018年5月の時点ではまだ20系に乗っていたので、30系が2017年12月にマイナーチェンジされたことからすると、中古の前期型を購入したのは間違いありません。
そればかりか2005年に販売が終了した10系前期型を2010年代前半に、2011年に販売が終了した20系前期型を2010年代後半にそれぞれ購入しているので、すべて中古でしょう。
かつて乗っていた高級セダンについても、2006年にレクサスLS460が登場して以降も30系セルシオの後期型に乗り続け、クラウンも13代目が登場しているような時代に2世代古い11代目を運転しているのを確認済です。
まだ高校生の年齢で御殿を建てたほどの実績があることからすると意外に思えるかもしれませんが、これらの事実からするとおそらく型落ちの中古車を好むタイプの人なのかもしれません。
その点では新車嫌いの管理人とよく似たところがあるように思えたり・・・

ちなみに国産高級セダンと10系アルファードの間にはストビューでアウディのSUVタイプや3代目プリウスといった意外なクルマもガレージに止まっていることがあり、そのうちプリウスについてはゴマキ本人が運転席に乗り込むところを撮影した写真週刊誌の画像があるので、彼女が所有していたクルマで間違いないでしょう。
あとかつてゴマキは日産のエルグランドが好きだという発言をしていたことがあったかと思いますが、実際にはほぼトヨタ車ばかり、そのうえエルグランドのライバルであるアルファードの3代すべてを乗り継いでいることになるわけです。

かつてはグループのエースと言え、凄まじい人気を誇ったほどの存在だったにしては、型落ちのクルマを好む件や、ずっと下町の江戸川区内に住み続けていたり、年収が低いといわれている一般人男性と結婚したりと、地味すぎるような気がしてなりません。
ただし前期型の中古とはいっても30系アルファードといえばまだあまり値落ちせず、結構高値で販売されているクルマです。
とくに例のアパ不倫発覚以降はテレビでもすっかり見かけなくなり、公式ブログの更新ぐらいしか活動してなさそうな感じがしてならないのですが、そういう高価なクルマを購入したり、問題なく子育てもしたりしているわけで、今でもそれなりの収入はあるということなのでしょう。

:2020-01-20追記

管理人はストリートビューのみを見て判断していたので気づかなかったのですが、初代10系アルファードVの次となる2016年1月に日産エルグランドハイウェイスター3代目E52型を購入していることが判明しました。
https://ameblo.jp/gotomaki-923/entry-12119984126.html
https://ameblo.jp/gotomaki-923/entry-12221320764.html
調査不足だったことを反省しています。
外観の画像がないので詳しいことはわかりませんが、おそらくこのエルグランドも中古で購入したのではないかと。
また、本文でも書いたように2018年には20系アルファードを購入しているので、エルグランドはあまり長続きしなかったものと思われます。
そのほか本文の最後のほうで本人がエルグランドが好きという発言をしていたことがあると述べましたが、それはアップフロントに所属していたころの話で、仕事の移動のため当時よく乗せられていたのがたまたま2代目のエルグランドだったからでしょう。
3代目でFRからFF化され、車高も抑えられ別のクルマのようになりましたが、一応は好きだと言ってたエルグランドの所有を実現したといえるかと思います。
それしてもよくクルマを買い替える人だという印象で、ここで挙げた車種以外にも所有歴がまだあるかもしれません。

ちなみに今回の所有車の件とはまったく関係ありませんが、元国民的アイドルグループのOGメンバーが近いうちに薬物使用で逮捕という報道について、それが仮にゴマキだとしてもあまり驚きはないものの、そうではないことを祈りたいものです。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 芸能人とクルマ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

2020年版間違いだらけ

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:2020年版 間違いだらけのクルマ選び (日本語) 単行本

■発売日:2019/12/23

■商品の説明
伝統と信頼の、クルマバイヤーズガイド&クルマ業界まるわかり本が、今年も刊行!

買うべきクルマ、
クルマの未来。
両方わかる一冊!

第1特集 ヤリスvsフィット
第2特集 トヨタとVW、ベストセラーカーの未来
第3特集 マツダは本当に危機なのか?

【2020年版の指摘】
◎ドイツ勢の急激なEVシフトは非現実的だ
◎マツダ、攻めの改革。その自信の根拠とは?
◎メーカーも誤算。自動運転は簡単じゃなかった
◎日本発。人間中心のクルマ進化「シート革命」
◎モーターショーの復権が“東京”から始まった!
◎VWはゴルフをフェードアウトさせるつもりか

【今期版の車種評抜粋】
○ヤリス
先進技術てんこ盛り。走りが物凄くハイレベル

○インサイト
美点あるが、焦点定まらず。シャシーも△

○RAV4
骨太の四駆性能を引っ提げ、帰ってきた!

○マツダ3
スタイルと走りに振り切ったスペシャルティだ

○リーフ
電池増えて重くなったe+は△だった!

○BMW1シリーズ
FF化で得た物は失った物より大きいか

○カローラ
大衆車としての使命感・誇りみなぎる快作

○スカイライン
日産にまだスカイラインをやる気あった!

○新型フィット
走りも視界も心地よさ実感。ハイブリッド◎

○テスラ・モデル3
ライバル達の心胆寒からしむ本物のクルマ

○MX-30
EVの良さとマツダの得意技は相性が抜群!

【今期版のニューカー】
ヤリス/フィット/カローラ/VW ID.3/VW新型ゴルフ/マツダ3/CX-30/MX-30/MIRAI/インサイト/レヴォーグ/アコード/レガシィ・アウトバック/レガシィB4/スカイライン/デイズ/ekクロス/N-WGN/タント/デリカD:5/スープラ/ロッキー/ライズ/RAV4/BMW1シリーズ/プジョー208/ポルシェ・タイカン/テスラ・モデル3/メルセデスベンツEQC/VWゴルフTDI/アルファロメオ・ジュリア・ディーゼル

内容(「BOOK」データベースより)
2020年版の指摘:ドイツ勢の急激なEVシフトは非現実的だ。マツダ、攻めの改革。その自信の根拠とは?メーカーも誤算。自動運転は簡単じゃなかった。日本発。人間中心のクルマ進化「シート革命」。モーターショーの復権が“東京”から始まった!VWはゴルフをフェードアウトさせるつもりか。買うべきクルマ、クルマの未来。両方わかる一冊。

著者について
島下泰久(しました・やすひさ)
1972年神奈川県生まれ。立教大学法学部卒。国際派モータージャーナリストとして専門誌やweb、男性誌などへ寄稿するほか、ラジオ、テレビ番組への出演、講演など様々な舞台で活動する。2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。『間違いだらけのクルマ選び』を2011年の復活から徳大寺有恒氏とともに、そして2016年版からは単独で執筆する。2019年には新たにYouTubeチャンネル「RIDE NOW -Smart Mobility Review-」を立ち上げた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
島下/泰久
1972年神奈川県生まれ。立教大学法学部卒。国際派モータージャーナリストとして専門誌やweb、男性誌などへ寄稿するほか、ラジオ、テレビ番組への出演、講演など様々な舞台で活動する。2019‐2020日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。『間違いだらけのクルマ選び』を2011年の復活から徳大寺有恒氏とともに、そして2016年版からは単独で執筆する。2019年には新たにYouTubeチャンネル「RIDE NOW‐Smart MobilityReview」を立ち上げた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
posted by SS at 00:00| Comment(0) | DVD書籍商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

5代目スカG後期型について


1977年(昭和52年)8月に登場し“ジャパン”という通称で親しまれた日産の5代目スカイラインですが、今回は1979年(昭和54年)7月にマイナーチェンジされた後期型のGTシリーズについて、とても些細なことながら他ではあまり記されていない点について取り上げてみましょう。

まず、後期型の登場当初はリアのライトまわりにあるテールパネルの色がきわめて黒に近いグレーでした。
p191207-01.jpg

ところがそれから9ヶ月後にL20ET搭載のターボモデルが追加された際、スカG全グレードのテールパネル色が薄いグレーとされたのです。
まぁこのことはスカイラインにかなり詳しい方ならばきっと記憶されているとは思いますが・・・
p191207-02.jpg

ちなみに上記2つの画像のグレードはどちらもスポーツタイプの「GT-E・S」ですが、ターボモデルの追加と同時にノンターボのL20Eを搭載したGT-E・SはGT-Eとともに廃止されたので、トランクリッドの右側に「TURBO」のバッジが見当たらない2枚目画像の個体はおかしいことになります。
ただL20ETを搭載していることは確認済みなので、トランクリッド左側にあるはずの「NISSAN」のバッジとともに外してしまったのでしょう。

そのほか、確かターボモデルの追加と同時だったかと思われ、そのターボの話題の陰に隠れてあまり目立たちませんでしたが、ノンターボのL20Eについても改良が行われ、電子式エンジン集中制御システム「ECCS」化されました。
これはスカイラインのみならず、セドリック/グロリアなど他のL20E搭載車も同様でしたが、改良なので当然のことながら出力などがアップするのかと思いきや、逆に130PSから125PSと5馬力ダウンしたのです。
しかし当時はそれにより低・中速トルクが向上したと説明されていました。
おそらく街中などの実用速度領域では少しばかり運転しやすくなったものと思われます。
なお、先述したテールパネルの色の差は、L20E搭載車において初期のEGI仕様なのか、それとも改良されたECCS仕様なのかを見分けるのに容易だったということにもなるでしょう。
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 日産関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

2代目デボネア(前)ミニカー

↓ネットショッピングは安心でお得なAmazonで!!↓

通常配送無料!ただいま予約受付中です。

■ショップ名:Amazon.co.jp

■商品名:Hi Story 1/43 ミツビシ DEBONAIR V 3000 ROYAL (1987) セルビアブラック 完成品

■発売日:2019/12/31

■商品の説明
Hi Story 1/43スケール、レジン製ミニカー。

三菱が誇ったビッグセダン。アメ車を彷彿させる迫力のデザインをお楽しみください。
本製品は少量生産ハンドメイドディスプレイモデルです。

※画像は試作品です。製品版とは異なる箇所がございます。

※本製品は走行しません。
※本製品は発光しません。
※本製品は点灯しません。
※本製品は電池を使用しません。
※本製品に電池は含まれません。
※本製品は燃料を使用しません。
※本製品に燃料は含まれません。

(Amazon.co.jpより)
posted by SS at 00:00| Comment(0) | 模型玩具商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする